ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大型家具や荷物の搬送をアプリでラクラク手配!米国で人気上昇中の「Dolly」に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソファやベッド、ダイニングテーブルなどの家具や、洗濯機といった家電製品など、どう見ても乗用車には乗らないというものを運ぶとき、米国には便利なサービスがある。

大型荷物の近距離運搬をアプリでオーダーできる「Dolly」。利便性とリーズナブルな価格設定が評判を呼び、サービスエリアを拡大中だ。

・必要情報をアプリに入力

Dollyの売りが、まずオンデマンドであること。アプリを立ち上げ、運びたいアイテムやピックアップ/ドロップ場所、日時などを入力する。

Dollyはそれらの情報を基に、ヘルパーと呼ばれるスタッフと、トラックを手配する。荷物の運搬状況はリアルタイムで追跡でき、基本的に運搬は玄関先までだが、追加料金(チップ)を払えば室内への運び入れも手伝う。

・アプリに価格を表示

また、専門業者による既存のサービスより低価格であることも、ユーザーにとっては大きなメリット。CEOによると、これまでの平均的な利用料は60〜85ドルとのこと。

申し込み確定前にアプリに価格が表示されるので、もし不服ならその時点で利用をキャンセルすることも可能だ。

・インテリアショップと提携

タクシー配車感覚で運送を依頼できるこのサービス、米国で大人気のインテリアショップ「Creat & Barrel」とも提携し、好評を博しているようだ。

買ったソファを今すぐ持ち帰りたい!というとき、Dollyにヘルプを依頼すれば、運搬するトラックに自分も乗って自宅に帰るということも。

Dollyはシカゴで始まったサービスで、このほどシアトルに進出。2016年までに20都市での展開を目指しているという。

家具の購入や友人への移譲、倉庫への運搬など、大型荷物をすぐに運べるこのサービス、日本でも需要はありそうだ。

Dolly

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP