ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋はお金に関するしっかりした価値観持ち家族と話し合い持て

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 秋は金運とかかわりの深い季節だという。家族とお金について話し合いながら、金運を上げてお金を増やしていく方法を、ユミリーこと風水建築デザイナーの直居由美里さんに教えてもらいました。

 * * *
 秋が深まってくると、お洒落を楽しみたくなるもの。コートやブーツなどの冬支度も考えなくてはいけません。一方、秋の味覚や旅行を楽しむなど、交際費や娯楽費もかさみがちです。

 秋は金運とかかわりの深い季節です。風水が生まれた農耕社会では、収穫の季節である秋に一年分の財を手にするからです。財をいかに活用するかが、その後の一年だけでなく、一族の命運も左右すると考えられてきました。

 秋はお金に対する、しっかりした価値観を持ちたいものです。まずは、家族とお金について話し合う時間をつくってください。冬のボーナスが出てからと思う人も多いでしょうが、年末はあわただしく、気がついたら散財していたということになりかねません。

 といっても「家計が苦しいからもっと節約を」「給料が低いから何とかして!」など、深刻な口調で相手を責めては逆効果です。長い人生には、収入が低迷したり、支出がかさんで苦しくなる時期があります。

 そんな時にも、お金に対する考え方を家族で共有しておくと、金運が上がった時にさらに増やしていくことができるのです。最も優先するもの、無駄だと思うことなどをオープンに話し合ってみましょう。

 そして、お金は貯めてばかりいては大きく育ちません。風水は読んで字のごとく、風と水の流れがスムーズで、よどみのない状態を吉とします。お金も同じです。「お金は天下のまわりもの」といいますが、お金を循環させることで、何倍にもなって返ってきます。

 古ぼけた服で貧しい食生活を送っていた高齢者の死後、巨額の貯金があったことが判明して、周囲がびっくりしたという話をよく聞きます。そこまで極端でなくても、せっかくきれいな食器があるのに、棚の後ろに押し込んで、欠けた皿や景品でもらったグラスを使っている人はよくいます。

 お茶碗や箸、コーヒーカップ、タオル、シーツや枕カバーなど毎日使うものにお金をかけるのは、とてもいい使い方です。ブランド物のバッグや宝石と違って、日常生活の中で楽しむことができ、「私はこんなに上質な物を持っている」という気持ちが、家の「気」を活性化します。こうした家に暮らす人の運気は好転し、余計な物は欲しくなくなり、無駄遣いすることもありません。

※女性セブン2015年10月15日


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
金運アップ術「目標額を通帳に書く」「通帳を持ってにっこり」
金運アップにはお金の保管法が大事 財布も定期的に買い換えを
御殿場のアウトレットが金運アップの新しいパワースポットに

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP