ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SB松田宣浩 元女子アナ妻の仕事復帰希望で巨人入りに現実味

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ストーブリーグといえばまず各球団の監督・コーチなどの人事が気になるところだが、今年は首脳陣だけでなく選手の動きも激しい。楽天の嶋基宏、西武の炭谷銀仁朗、日本ハムの大野奨太ら、捕手勢の動きに注目が集まっているが、なんといっても今年のFAの最注目株は、ソフトバンク(SB)の松田宣浩だ。

 現年俸は推定2億2000万円で、FA権を行使すれば来年は金額がさらに跳ね上がるとされる。ちなみにSB残留となると「3億5000万円の4年契約プラス出来高で最大25億円の超大型契約になるといわれている」(SB担当記者)。

 これだけの額を支払える球団は限られる。そうなると浮上するのは、もちろん“球界の盟主”の名前だ。

「しかも巨人にはアドバンテージがある。松田は元女子アナだった奥さん(九州朝日放送の柴田恵理さん)が、東京でフリーアナとして仕事に復帰することを希望しているといわれる。巨人なら日テレに口を利くことはたやすい。その点からも巨人入りが現実味を帯びています」(同前)

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
江本孟紀氏 年俸数億の複数年契約選手に「成績は3000万級」
小笠原FA宣言 巨人へFA移籍の15人中12人が巨人で現役終えず
巨人化進む横浜 「今季の巨人戦もっと数字伸ばせる」と選手

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP