ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピンクをさりげなく自然に着るには

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女性なら誰もがやっぱり好きなカラー、ピンク。いかにもな感じがして私はちょっと……という人でも、ピンクをさりげなく着こなすワザを覚えておくとソンはないはず。
ピンクといってもモテを狙うことなく、そして媚びることなくさらりと自然に着こなすファッショニスタが、着こなしのお手本です。

デニムとだから合わせたい

LIKEtoKNOW.itさん(@liketoknow.it)が投稿した写真 – 2015 9月 16 7:54午前 PDT

キュートでラブリーなイメージのピンクは、デニムと合わせるとバランスが取りやすいので、覚えておくといいかも。
せっかくピンクを着るからには甘めにまとめたいという人は、はおりやトップスなど面積の多めのアイテムにピンクを投入。
あくまでも自然に着こなしたいのであれば、小さめバッグだけをピンク、ソックスだけをピンク……など挿し色として投入してみて。

最強のピンクスカートはカジュアルに

Topshopさん(@topshop)が投稿した写真 – 2015 8月 26 4:59午前 PDT

最強にガーリーなアイテムともいえるピンクのスカートはカジュアルに着こなすのが、大人のスタイリング。
ボーダートップスやスウェット素材のトップスなど、リラックスしたい休日に出番の多いアイテムをあえて合わせてみて。
ラブリーなピンクボトムとボーイズライクなトップスの、なんともいえないバランスの組み合わせがやみつきになりそう。

ブラックレザーとの相性も抜群

@some.lovely.stuffが投稿した写真 – 2015 9月 24 10:02午後 PDT

これからの季節に出番が増えるブラックレザージャケット。辛口アイテムだからこそ、ピンクとの相性が抜群です。
ジャケットのフロントは閉めずに、トップスのピンクをチラ見せするだけで、女っぷりがワンランクアップ。
ビビッドなピンクよりも淡いピンクを選ぶと、よりモードっぽく着こなすことができます。
1枚もピンクカラーのアイテムを持っていない……。そんな人はトライしやすいアイテムからぜひチャレンジしてみて。
初心者は挿し色的に小物から取り入れてみるのも◎。いつものファッションにさりげなくレディさをオンしてくれます。
top image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
見るだけでアガる! 海外セレブの本格コスチューム
歌姫リアーナが手がける、粋なソックスが登場
チェスターコートのハイセンスな選びかた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP