ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android 6.0 Marshmallowのリリース版をオープンソース公開、対応するAndroid SDKも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Android Open Source Project で Android の新バージョン「Android 6.0 Marshmallow」のソースコードをオープンソース公開し、対応する SDK ツールも公開しました。正式版のリリースビルドは「MRA58K」で、AOSP では「marshmallow-release」という新しいブランチタグの下で公開されています。XDA Developers では既に AOSP 版の カスタム ROM も配布されています。Android SDK は開発者さんにとってアプリを開発するのに必要となるツールです。Android 6.0 で API レベルは 23 に上がっています。Android 6.0 用の SDK は Google Developers の配布サイトか「SDK Manager」よりダウンロードできます。Source : AOSPGoogle Develpoers

■関連記事
BICジャパン、4色ボールペンを備えたタッチペン「BIC 4C スタイラスペン」を10月上旬に発売
OnePlus miniのスペック情報が伝えられる
Android 6.0 Marshmallowの正式版(MRA58K)ではアンビエント画面、マルチウィンドウ、ダークモードは無効

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP