ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

内定式で「後ろ倒し」の影響語る就活生 「内定出る時期遅すぎ」「先輩たちがうらやましい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年卒学生に対する主要企業の採用内定が10月1日解禁され、各地で内定式が行われた。同日放送の「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)は、採用時期が繰り下げられた今年、就職活動や学生生活にどのような影響があったのか取材していた。

去年までは採用の選考活動解禁は4月1日だったが、学業優先を掲げる政府の要請を受けた経団連は、今年から選考活動の解禁を8月1日へと4か月繰り下げ。三井住友銀行が開いた内定式には、去年とほぼ同じ約1800人の内定者が参加。その1人はこう語る。

「先輩方は内定をもらう時期が早かったので、その分、部活に対する集中度や、それ以外のことを始めている方もいて……。学生生活最後の1年の充実度は、うらやましいものがありました」

「大学3年の3月までに就職先を決定すべき」という提案も

一方、社員80人の中小企業アクロクエストテクノロジーは、理系の学生中心の内定者8人と、お酒を飲みながらの内定式。式というより、店を借りての親睦会という雰囲気だ。

同社は経団連に加盟していないため、去年の12月から内々定を出しはじめたが、社長の新免流氏は「大企業が解禁されてからでないと、中小企業やベンチャーに学生は集まってこない」と、今年の採用活動のむずかしさを振り返る。

自社への入社を希望する学生を、ビジネスの現場や海外研修を体験させるなどして、ていねいにつなぎ留めを図ってきた。新免社長は「学生は大学3年の3月までに就職を決め、4年はしっかり研究に打ち込んで卒業してもらいたい」と希望を語った。

中小企業の代表である日本商工会議所の会頭、三村明夫氏は、このまま同じ形で来年いくのはまずいとして、スケジュールの見直しを求める方針。不満をこう表明する。

「就活時期を遅らせているところと、早くからやっているところの二極分化している。正直にやっているところがバカを見る制度。これは放っておけない」

とはいえ、もともと企業は競争する宿命なのだから、ルールを守れといっても仕方がないのではないだろうか。規制を撤廃して自由化する考えもあるし、慣れの問題だからもう少し続けるべきという声もある。しかし「学生生活が充実しない」という声だけは、どうしても無視できない。(ライター:okei)

あわせてよみたい:大学3年生が「意識高い就活生」になりがちなこと
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP