体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

虫垂炎になったグルメライターの病院食日記。退院後は、韓国で本場の盲腸を食べて“同物同治”!

f:id:Meshi2_Writer:20150830012140j:plain

みなさんは同物同治という言葉をご存じでしょうか?

古くから中国では、体の悪いところと同じ部位を食べると、その悪いところが治るという言い伝えがあります。これを漢方の考え方では同物同治(どうぶつどうじ)と呼ぶのだそう。例えば、肝臓が悪ければレバー、心臓が悪ければハツ、胃が悪ければミノを食べるといった具合です。最近では、飲みすぎの肝臓ケアのために、肝臓エキスであるヘパリーゼの入ったドリンクも販売されていますね。これも一種の同物同治の考え方といえるでしょう。

なぜのっけからこんな話をしているかというと…

 

大人になってまさかの急性虫垂炎(盲腸)に

f:id:Meshi2_Writer:20150826120754j:plain

はい、そうなんです。三十路にしてなんと急性虫垂炎で救急搬送されました。故郷山形から東京へ戻る新幹線の中で発症、猛烈な痛みと吐き気で意識が飛びそうになってしまいました。やっとの思いで東京駅へ到着、駆け寄ってくる駅員さんが発した一言を、私は一生忘れることはないでしょう。

「お客様!!だっ、大丈夫ですかーっ!?いっ、今……新幹線が来ますからーっ!!」

駅員さん、それを言うなら救急車です。お願いですから病院に運んでください。

 

f:id:Meshi2_Writer:20150826121749j:plain

無事に救急病院へ運ばれた私は、意識絶え絶え検査のオンパレードです。いっそのことひと思いに切ってくれと思ったものの、さっきまで悪さをしていた盲腸が落ち着きを見せ始め、初回限定特典ということで薬で散らすことに。ほっとしたのもつかの間、病室に運ばれたグルメライターの私を待ち受けていたのは……恐怖の食事タイムだったのです。

 

f:id:Meshi2_Writer:20150826122717j:plain

入院翌日、前日の嘔吐で胃の中がスッカラカンな私の楽しみといえば、それはもちろん朝食。「お食事の時間ですよー」と綺麗な看護師さんが食事を持ってきてくれました。最近は病院食も結構オイシイって聞きますよね。

 

しかし、そのフタを開けてみると……

 

f:id:Meshi2_Writer:20150826123417j:plain
1 2 3 4 5 6次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会