ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐々木蔵之介・弟が“文才”で人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ネット上で、俳優・佐々木蔵之介の実家「佐々木酒造株式会社」のWebサイトが話題になっている。注目されたのは、ユニークな「会社概要」や「ごあいさつ」だ。

【もっと大きな画像や図表を見る】

創業約120年という同社の従業員数は「18名(ネコ含む)」。これについて、あるツイッターユーザーが「佐々木蔵之介のご実家の佐々木酒造さん、HPの従業員数の欄が可愛すぎて困った」とツイートすると、ツイッターで一気に注目され、「ごあいさつ」の方も面白いと話題になった。

「ごあいさつ」は、蔵之介の弟で、現在代表取締役となっている佐々木家の三男・晃さんが書いたもので、まさか三男である自分が家業を継ぐとは思っていなかったという赤裸々な告白から始まる。

「上の兄は『飲んで無くなってしまうものを造るのはいやだ』と言って建築の道に進んでしまい、二番目の兄が跡を継ぐべくして、神戸大学の農学部に行ってバイオテクノロジーの研究や酒米の研究っていうテーマで卒論書いたりして、着々と酒造家の道を歩んでいたのですが、突然『俳優になる』と言って出ていってしまいました」

など、肩の力が抜けたような文体でつづられた文章に、ツイッターには、

「文才あるなーこの紹介(^_^;)!」
「こーゆー面白い文章見ると
応援したくなるなww」
「猫が従業員ってのも面白いけど、佐々木蔵之介の弟さんの文才がかなりツボをぐいぐい押してくるw」
「弟さん、猫好きなんだろうなぁ(*´ω`*) 」

のように、晃さんの文才を称賛するコメントや、「ネコ」の件を面白がる声が続出。一時はアクセス集中でWebサイトが見られなくなるほどの人気となった。「佐々木酒造小売部」のツイッターアカウントのフォロワーも激増し、10月5日10時には5000を突破している。

なお、「ごあいさつ」は書き出しこそユニークだが、後半部分は酒造り、そして事業継続について誠実な姿勢がつづられており、ツイッターには「出だしは面白いけど、後続は割とまじめで呑兵衛だったら飲んで応援したくなるねぇ」という声も。

「俳優の佐々木蔵之介の弟です、というと結構知ってくださる方があって、うれしいような複雑な気分です」という晃さんだが、今回の一件で、本人も一気に知名度を上げたのは間違いなさそうだ。
(花賀 太)
(R25編集部)

佐々木蔵之介・弟が“文才”で人気はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

日本の「酒好き県」総合1位は?
小説書いてほしい芸人 1位は内村
ツイートを見たい「亡き文豪」TOP10
TOKIOに挑戦してほしい職業1位は
可愛さに悶絶!ネコが箱を作る動画

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP