ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キレたら怖そうな50~60代俳優1位

DATE:
  • ガジェット通信を≫


テレビドラマや映画のなかで、真剣な表情で素晴らしい演技を見せる俳優たち。しかしその素顔はなかなか知ることはできない。インタビューやバラエティ番組などで時折のぞかせる様子は温厚そうに見えるものの、実は気が短い…なんて俳優もなかにはいるかもしれない。そこで、50~60代の俳優のなかから「普段はやさしそうだけど、キレたら怖そう」と感じる人を20~30代の男性300人選んでもらった。

【もっと大きな画像や図表を見る】

●「普段はやさしそうだけど、キレたら怖そう」な50~60代俳優TOP10
(全33人から上位3人を選択してもらい、1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計。協力/アイリサーチ)

1位 堤真一(51歳)138pt
2位 仲村トオル(50歳)131pt
3位 阿部寛(51歳)121pt
4位 赤井英和(56歳)110pt
5位 哀川翔(54歳)101pt
6位 温水洋一(51歳)92pt
7位 椎名桔平(51歳)88pt
8位 石丸幹二(50歳)85pt
9位 唐沢寿明(52歳)62pt
9位 中井貴一(54歳)62pt

※番外
11位 佐藤浩市(54歳)59pt
12位 柳葉敏郎(54歳)58pt
12位 西田敏行(67歳)58pt

実力派俳優として映画やドラマで活躍する一方、CMなどでコミカルな演技も見せる堤真一が1位に。とはいえ2位の仲村トオル、3位の阿部寛とも混戦。そのほか、バイオレンス系の映画などでも人気の俳優が上位にランクインした。それぞれの人物に対する回答者たちの評価をご紹介しよう。

【1位 堤真一】
「普段の優しい感じとのギャップで怖そう」(34歳)
「裏の顔がありそう」(32歳)
「怒っているところを想像できないから」(34歳)
「ギャップが怖そうだから」(27歳)

【2位 仲村トオル】
「見かけはそうでない人に限って怖いから」(38歳)
「やんちゃなイメージがあるから」(37歳)
「目が怖い」(30歳)

【3位 阿部寛】
「温厚な役ばかりで実は怖そう」(31歳)
「背も高いし、力も強そうなので、キレたら怖そう」(31歳)
「あの体格で怒られたら怖そう」(29歳)
「体格が大きく迫力がありそうだから」(33歳)

【4位 赤井英和】
「元ボクサーだから、怒らせたら、やっぱり怖いと思います」(32歳)
「笑顔が優しい分、キレたら怖いはず」(34歳)
「学生時代かなりやんちゃだったみたいなので、怖いどころではないと思います」(32歳)

【5位 哀川翔】
「短気そうだから」(23歳)
「昔ヤンチャだったから」(37歳)
「もともと怖そうなイメージがあるから」(25歳)

【6位 温水洋一】
「裏表がありそう」(35歳)
「掴みどころがないから」(38歳)
「普段温厚な人ほどキレルと怖い」(31歳)

【7位 椎名桔平】
「奥が怖そう」(36歳)
「気が強そうなイメージ。そういった顔に見えるので」(37歳)
「ためたエネルギーが爆発しそう」(28歳)

【8位 石丸幹二】
「やさしそうな人ほど怖い」(35歳)
「目の感じが」(30歳)
「優しそうな人ほど怖い。特にあの鍛えられた筋肉で怒られたらビビる」(31歳)

【9位 唐沢寿明】
「普段ユーモラスな所があるが、いざって時は本当に怖そう」(25歳)
「しゃべりが上手いから鋭いことを言ってきそう」(28歳)
「キレそうに見えないからむしろ」(37歳)

【9位 中井貴一】
「怒るイメージが湧かない分、ギャップがすごそうだから」(24歳)
「内に秘めた静かな怖さがありますね」(39歳)
「温厚そうだけど厳しい」(35歳)

全体的には「男前」で知られる俳優たちが名を連ねたが、注目は6位にランクインした温水洋一。薄毛キャラを自虐ネタとして扱い「やさしそう」な俳優の代表格として人気になる一方、その裏にある「素顔」が気になっている人も多いようだ。みなさんが気になる「本当は怖そうな」俳優はランクインしていただろうか。
(小笠原 敦)
(R25編集部)

キレたら怖そうな50~60代俳優1位はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

ケンカ最強!?武闘派俳優1位は?
「男でも抱かれたい男」2位は福山
「一晩お供したい」シニア俳優TOP10
「寅さん」演じてほしい俳優1位は
続編が観たいシリーズ映画1位は?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP