ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、10月のセキュリティアップデートを開始、Stagefrightバグなど30件の脆弱性を修正

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 10 月 5 日、Nexus デバイスに対して月次で提供しているセキュリティアップデートの 10 月版を配信開始しました。今回のセキュリティアップデートでは、リモートからの乗っ取りやユーザー権限の不正な昇格、DoS 攻撃を可能にしてしまう 30 件もの脆弱性を修正しています。Google は下記のリンク先で修正内容を公開しており、それによると、libstagefright ライブラリで発見された様々な脆弱性を修正しています。Stagefright バグをほぼ修正したようです。これらのセキュリティアップデートはファームウェアビルド「LMY48T」で提供されており、一部の Nexus には Android 6.0 の前に LMY48T へのアップデートが必要となっています。Google のセキュリティアップデートで適用されたパッチの情報は端末メーカーにも提供されており、端末メーカーからも同様のアップデートが順次配信されると思います。Source : Google

■関連記事
BlackBerry Privの新たな実機写真が流出、64bit CPUや4K撮影機能の搭載が確認される
Google、11月4日にAndroid for Workに特化したオンラインでのライブ・イベントを開催
Sony Mobile、Xperiaの標準音楽アプリ「Music」の新ベータ版 9.0.4.A.2.0betaをリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP