ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダメ男がCIAの最強エージェントに覚醒? おバカアクション『エージェント・ウルトラ』が日本公開決定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』、『キングスマン』、『コードネーム U.N.C.L.E.(アンクル)』、『007 スペクター』と、スパイアクションの大作が続く2015年。だが、年明けにもウルトラおバカなCIAものが控えてるぞッ!

CIAがスーパー・エージェントを生み出そうと、1950年代から約30年にわたって秘密裏に実行してきたプログラム、通称MKウルトラ計画。一般市民をスーパーヒーロー並みのスパイにしようと向精神薬を用いてマインドコントロールし、危険なエージェントに改造しようとした極秘計画だ。そんなMKウルトラ計画を題材にしたおバカでキュートなラブ&アクションムービー『エージェント・ウルトラ』(原題:American Ultra)の日本公開が、2016年1月23日(土)に決定した。


本作の主人公は、バイト中にスーパーヒーローのサルを主人公にした自作漫画を描きながら、のらりくらりと過ごすダメ男、マイク・ハウエル(ジェシー・アイゼンバーグ)。彼は一念発起で最高のプロポーズを演出しようと、同棲中のガールフレンドであるフィービー(クリステン・スチュワート)とのハワイ旅行を計画する。

そんなある日、マイクは店番中に謎の暗号を告げられる。気が付くとスプーン1本で2人の暴漢を刺殺していた。なんとマイクは、CIAの極秘計画でトレーニングされた最強エージェントだったのだ! 覚醒したマイクは、極秘計画の封印を目論むCIA幹部に命を狙われ、州を封鎖され、殺人マシーンと化したエージェントたちに次々と襲われる。ハッパ中毒のダメ男から、凄腕エージェントとして覚醒したマイクは、人質に取られたフィービーを救い、見事プロポーズをキメることができるのか!?

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年3月公開)では、スーパーマンの永遠の宿敵であるレックス・ルーサー(もちろんスキンヘッド!)役を演じるジェシー・アイゼンバーグ。しかし、『アドベンチャーランドへようこそ』、『ピザボーイ 史上最凶のご注文』などの傑作で示したように、彼はヘタレ役も非常にお似合いなのだ。星条旗をバックにロン毛&グラサン姿のポスターが最高にバカっぽいぞ!

American Ultra (2015) Trailer #2 – Smoke Them All(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=q9QnZYevO7Y

映画『エージェント・ウルトラ』公式サイト:
agent-ultra.jp

Photo Credit: Alan Markfield / (C) 2015 American Ultra, LLC. All Rights Reserved.

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP