ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【えひめ最新レポ】 食欲の秋! 2つの新ブランド「里芋」 味くらべ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


今年もまた「里芋」が美味しい秋がやってきた。愛媛は知る人ぞ知る、ブランドものの里芋が2つあり、地元では人気が高い。
まず、愛媛県オリジナルのブランド里芋「伊予美人」。2008年2月にブラント登録され、白くきめ細やかな肉質が特徴で、9月から4月が旬となる。ねっとりとしたやわらかさ、甘みがあって粘り強く、煮くずれしやすくて味にクセがないので、どんな料理にも相性がよい。愛媛の郷土料理「いもたき」にも欠かせない食材となっている。また、JAの直販所で、この伊予美人を使ったコロッケや餃子も販売され、知名度も上がっている。

いもたきは、秋になると愛媛県内各地で行われる伝統行事。里芋をメインに地元野菜を煮た郷土料理で、河川敷などでいもたきを楽しむ行事が見られる。特に、四国中央市のいもたきは、市内産の伊予美人が使われる。
また、10月から12月にかけて旬の「媛かぐや」は、新しいタイプの里芋だ。里芋といえば、トロリとやわらかい食感がイメージされるが、まったく異なる。京いもとえびいもをかけあわせ、親芋と子芋のどちらも食べることができる。親芋は見た目がまるでタケノコ、大きいものは長さ50cmにもなる。サツマイモのようなホクホクとした食感、パウダー状にできるのでスイーツにも向いているという。

今治市にあるJAの直売所「彩菜きて屋」内パティスリーでは、媛かぐやを使ったスイーツも登場。媛かぐやのパウダーを練り込んだサブレは毎年秋に販売され、しっとり、サクサク食感、ほのかな甘みも味わえる。

いよ観ネットhttp://www.iyokannet.jp/
(Written by Aki Shikama)
【Nicheee!編集部のイチオシ】
【アメリカ西海岸 最新レポ】 「ハイチュウ」がメジャーリーグを発端に人気急上昇
【NY最新レポ】 NYでグイグイきてるハンバーガーをグランドセントラル駅で味わう
日本初「ファーストフード店」は沖縄からって知ってた?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP