ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの名作映画の視点から新たなウィーンの魅力を探る旅 − 前編

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、TRiPORTライターの新田浩之です。 私は旅行と鉄道が好きなのですが、映画も大好きです。今回は映画「Before Sunrise」をもとに、新たなウィーンの魅力をお伝えします。私自身も驚かされることが一杯の旅でした。まずは、「Before Sunrise」の紹介から始めましょう。

映画「Before Sunrise」を知らないって?

この映画を見たことがないあなた、この記事を読んだ後、すぐにレンタルビデオ屋に行って借りてください。ものすごくいい恋愛映画です。「Before Sunrise」は1995年のアメリカ映画で、始まりはブタペストからウィーン行きの車内でセリーヌ(ジュリー・デルピー)とジェシー(イーサン・ホーク)がひょんなことで出会ったことから。そこで二人は意気投合し、ウィーンの街をお互いに語り合いながらめぐり歩きます。

この映画の最大の特長は、基本的に登場人物が二人で、会話が続くということです。「会話」は人生観、宗教、戦争など多岐に渡ります。この「会話」とウィーンの街並みが本当にマッチするのです。あまり書きすぎるとネタバレになるので、続きは映画で楽しんでください。

西駅から、あの電話のシーンまで

朝の9時30分。私は西駅近くのホステルを出て、さっそくセリーヌとジェシーが降りた西駅に行きました。西駅は数年前にリニューアルされ、少し雰囲気が変わりました。それでも、西駅の広い階段など、映画の面影が所々に残っています。この日も多くの乗客で賑わっていました。
次に、地下鉄でシュテファンプラッツ駅へ。ここから少し歩くと占い師のシーンに登場した、クライネス・カフェがあります。夜になると占い師が出てくるのでしょうか。午前中なのでそのような雰囲気はありませんでしたが、つい映画に出てきた夜の様子を想像してしまいます。
ここから、セリーヌとジェシーが美しいオペラ座を見たアルベルティーナ美術館の2階までは歩いて15分。2階に上がると本当にステージのように見晴らしが良く、オペラ座の迫力ある建物が目の前に迫ってきます。昼でも本当に「絵」になります。映画のシーンそのままだったので、とても嬉しかったです。
さて、ここから観光ルートを外れます。次はリンクを挟んで、セリーヌとジェシーの象徴的な電話のシーンの舞台、カフェ・スペールです。少し迷いながらもお昼時に到着しました。入ってみると思ったよりも小さい喫茶店です。店内の雰囲気が良く、多くの地元住民で賑わっていました。また、全体的を見渡してみると、あることに気がつきました。なんと、スマホをいじっている人がいないのです。

お客さんは新聞を読んだり、会話をしていたり…。日本では電車や飲食店でスマホをいじっている人がとても多いので、これには驚かされました。私は一人で来店したので電話のシーンに出てきた座席ではない席に。そして、ベーコンを使ったスクランブルエッグを注文しました。また、これがセットになっていた野菜サラダとマッチしてとてもおいしかったです。映画の雰囲気とこの味のクオリティーで10ユーロ。大変満足できました。 さて、この続きはまた後半で。

文・写真:新田浩之

関連旅行記はこちら

*Mayu「おひとりさま優雅旅-ohAustria&Germany&Finland-

*芝野 愛梨(Eri Shibano)「中欧三カ国弾丸一人旅 ハンガリー・オーストリア・チェコ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP