ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新国立競技場案の有力候補者 伊東豊雄氏の実績と図案の特徴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 総工費の膨らみから大批判を浴びた末に白紙撤回となった新国立競技場の建設案。現在“出直しコンペ”が行われているが、「前回勝者のザハ・ハディド氏が辞退したことで、国内二大建築家による事実上の一騎討ちになる見込みだ」(設計事務所関係者)という。

 そのうちの1人が、伊東豊雄氏である(もう1人は隈研吾氏)。ここでは、伊東氏の実績と同氏の生み出すデザインの特徴を見てみよう。

 太陽光パネルを敷きつめた楕円形の屋根に長方形の穴が空いたデザイン。芝を育てるための日照を図りながら、コンサート時には十分な遮音ができるような可動式屋根を採用している。すだれのように見える外壁からは自然の採光と通風が得られる仕組みとなっている。これは前回公募で最終審査11作品に残った伊東氏が提出した図案だ。

 伊東氏は1941年日本統治時代の朝鮮京城府(現・ソウル)生まれ。東京大学工学部建築学科卒業後、大阪万博のランドマークとして建てられた「エキスポタワー」(現在は撤去されている)などを設計した菊竹清訓氏に師事した。

 1971年に建築家として独立した後は、王立英国建築家協会ロイヤルゴールドメダルや“建築家のノーベル賞”といわれるプリツカー賞を受賞するなど、輝かしい経歴を誇る。前出の図案では、流線形の屋根が特徴的で動きのあったザハ氏の案と比べかなり簡素な印象を受ける。伊東氏の元同僚で建築家の長谷川逸子氏はこう語る。

「前回の案は平らな屋根で伊東さんらしくないなと思ったんです。彼はサプライズ演出が好きだから」

 伊東氏は月刊誌への寄稿で前回コンペの時間が「強烈に短かった」、「これだけの規模の建築について考えるわけですから、少なくとも半年はほしい」と発言していた。

 伊東氏は一般建築物だけでなく、複数のスタジアムの設計経験があるが、そのデザインは独創的だ。

 屋根に約2万5000本もの秋田杉を使用し、世界最大級の木造ドーム(下部構造は鉄筋コンクリート)といわれる「大館樹海ドーム」(1997年完成、秋田県大館市)を手掛けたほか、2009年に行なわれたワールドゲームズ(相撲やビリヤードなど、オリンピックに参加していない競技・種目の世界大会)のために設立された台湾・高雄市に所在する「高雄国家体育場」も彼の設計である。こちらは無数のソーラーパネルがまるで龍のようにうねっている。

 前回は時間がなく、伊東氏にしては比較的シンプルなものだったのかもしれない。今回、伊東氏は竹中工務店・清水建設・大林組の3社連合と組んだと新聞各紙で報じられているが、再公募ではどんなデザインを出してくるのだろうか。同じく菊竹氏に師事した伊東氏の元同僚の建築家・遠藤勝勧氏が語る。

「彼はただ机上で設計するのではなく建設現場に足を運ぶ人。近くに山があったら、それをどう生かすか、といったように土地に合った合理的な設計をしてくるのではないでしょうか。彼は、私たちの師匠である菊竹さんの考え方をしっかりと受けついでいる。それは自然採光、自然通風を大切にする建築です」

 新国立競技場は緑にあふれた明治神宮外苑に造られる。その立地を生かした、環境に配慮した構造となることが予想される。

 そのカギは太陽光パネルにありそうだ。前回はパネルを敷きつめた屋根が特徴的だったが、「あの人は同じものを二度出してくる人じゃない」(前出・長谷川氏)。

 少なくとも前回案を叩き台に、ブラッシュアップしたものが発表される可能性が濃厚だ。台湾のスタジアムのような、太陽光パネルを生かした独創的なものが期待できるかもしれない。

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
新国立競技場 大雪対策や屋根収納の仕組みを不安視する声も
開業100周年の東京駅 「日本初の建築家」辰野金吾の集大成
安藤忠雄氏 元プロボクサーで都市空間デザイナーの弟は双子

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP