ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新国立案の有力候補者 隈研吾氏は和の大家で設計にCP使わず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 総工費の膨らみから大批判を浴びた末に、白紙撤回となった新国立競技場の建設案。現在“出直しコンペ”が行われているが、「前回勝者のザハ・ハディド氏が辞退したことで、国内二大建築家による事実上の一騎討ちになる見込みだ」(設計事務所関係者)という。

 そのうちの1人が、隈研吾氏である(もう1人は伊東豊雄氏)。ここでは、隈氏のデザインの特徴について見てみよう。

 隈氏はスコットランドに建築される予定の美術館「ヴィクトリア&アルバート博物館」の新館のコンペにも勝利した。地元産のやわらかな質感をもつ木材で覆われるという。

 隈氏にはさまざまな意匠の作品があるが、比較的規模が大きく、また素材の質感を生かしながらそれを複雑に構築して、見たこともなかった外観に仕上げる近年の作品の傾向から、新国立競技場のデザイン案を予想するのに一番よい手掛りになる。

 1954年生まれの隈氏は、東京大学工学部建築学科の出身で同大学院修士課程を修了。その後コロンビア大学で研究員として学び、1987年独立、現在は東大で教授も務める。今年9月22日にはフランス・パリの新駅のコンペを制するなど、国際的な評価も高まっている。

 しかし、隈氏の過去の作品には競技場タイプの建築物がない。その懸念について、建築エコノミストの森山高至氏が説明する。

「たしかにスポーツスタジアムの経験はありませんが、大企業や自治体が手掛けるランドマーク的な大型建築物をいくつも設計してきました。また、スタジアムは構造が複雑ではないので、経験がなくとも隈氏なら全く問題ないと思います」

 そんな彼の設計スタイルとは。森山氏が続ける。

「和風テイストが持ち味で『和の大家』と呼ばれています。近年手掛けた『根津美術館』(東京都港区)のように目に触れる部分には木材や竹などを使うのが特徴です。基礎には鉄骨も使用するなど、きちんと耐震性などを担保しています」

 隈氏を知る建築家の松島潤平氏も口を揃える。

「地元特有の木や石といった素材や職人技術の生かし方がうまく、和をイメージした建築に定評がある。都市部では通常、万が一の火災のために木材を使わないのですが『浅草文化観光センター』(東京都台東区)を手掛けた際には不燃木材を使用してまで木の素材感にこだわりました」

 隈氏はその建築哲学について2007年放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)においてこんな発言をしている。

「『負ける建築』が流儀。建物が自己主張するのではなく周囲に溶け込み、環境に“負ける”ことを目指す」

 その実務はユニークだ。最先端の技術を使用しているのかと思いきや、「設計にコンピューターは一切使っていません。頭の中でうまく整理するようにしている。ほとんど原始人」と同番組で発言。木材を利用するようになった理由については、

「コンクリート建築の図面なんて建築を勉強した人だったら誰だって描ける。だが、木を使った建築というのはすごく難しい。でも、やってみるとその制約があることがおもしろくなることに気付いた。制約こそが建築のオリジンだと思っています。だから誰もやったことがない建築に挑戦している」

 隈氏はどのような新国立競技場をデザインしてくるのだろうか。

「新国立競技場の外装にも木を用いる可能性が高いのではないでしょうか。近寄ったときに人間味のある素材感を大切にする人なので、外形デザインも圧迫感のない、温かみのあるものにするでしょう」(前出・松島氏)

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
世界から依頼殺到の建築家隈研吾氏 被災地で意識した建築は
国立競技場LIVE 3大テノール、SMAP、ラルク、ドリカム、嵐等
新国立競技場「こんなものを作らせるわけにいかない」と作家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP