ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Playサービスの互換アプリ開発プロジェクト「MicroG GmsCore」が始動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モバイルデバイスの世界的なコミュニティ XDA Developer で Google Play 開発者サービスなどの公式アプリが無くても Google Play の各種サービスを利用できるようにするアプリの開発プロジェクト「microG GmsCore」が始動しました。microG GmsCore は、Google Play サービスとの互換性を実現したフリー・オープンソースソフトウェアを開発するプロジェクトのことです。今となっては、Google アプリや Android の重要な機能は Google Play 開発者サービス無しでは利用できません。しかし、世の中には Google Play 開発者サービスや Google アプリを搭載しないで販売されているスマートフォンも多く、そういう端末で Google アプリを利用したり、Google Play 対応機種と同じ機能を利用できるようにするのが今回の「microG GmsCore」です。つまり、Google Play 非対応の機種で Google サービス・アプリを利用するための新しい方法ということになります。micro G GmsCore は「GmsCore.apk」「GsfProxy.apk(GCM アプリ)」「FakeStore.apk(Play ストア)」として配布されており、手動でインストールすることで利用できます。インストール方法やダウンロードリンクなどは下記のリンク先に掲載されています。microG GmsCore アプリは Android 4.4 以上の端末に対応しており、現在はアルファ版として配布されています。Source : XDA Developers

■関連記事
Motorolaの未発表型番XT1585がGCFの認証を取得、Droid Turbo 2?
米国のAmazonでLGの折りたたみキーボード「Rolly Keyboard」が発売された模様
中国で認証を取得した「TIT-CL10」「TIT-TL00」は「Huawei Honor Play 5X」か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。