ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

EGOIST チケット即完の上海初ワンマン開催、ファンからの大声援に「すごく光栄です!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

EGOIST チケット即完の上海初ワンマン開催、ファンからの大声援に「すごく光栄です!」

ryo(supercell)がプロデュースを手掛ける架空のアーティスト、EGOIST。“劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス”に続くノイタミナムービー第2弾「Project Itoh」の、全作品主題歌を担当することが明らかになり話題の中、10月3日中国・上海にて「“A live is worth a thousand pix” EGOIST Live in Shanghai 2015」と題し、上海初のワンマンライブを実施した。海外でのワンマン公演を行うのは、2015年4月の香港、9月のシンガポールに続き、3カ国目になる。

EGOISTの1stAL「Extra terrestrial Biological Entities」が中国では「ゴールドディスク」に認定されており、上海でもEGOIST人気は留まることを知らず、チケットは即日ソールドアウト。朝から現地ファンが殺到し、急遽グッズ販売予定時間を大幅に早める対応が行われたほど、開演前から現地の「EGOIST熱気」が感じられた。

4月の香港、9月のシンガポール公演は座席指定でのライブだったが、今回の上海ライブは、オールスタンディングの実施となった。

開演を告げる鐘の音が鳴らされると同時に、ファンは大声援を上げ、瞬く間に会場はサイリウムの海に。

1曲目から、アニメ「ギルティクラウン」のオープニング主題歌となっていた「The Everlasting Guilty Crown」を歌唱。ライブを楽しみに待っていた現地ファンが一気に熱狂し、身体を揺らし、サイリウムを振った。

EGOISTのヴォーカルchellyはMCで「上海、ニイハオ!」と挨拶をすると、その後も、「いよいよ始まりました!初の上海公演!盛り上がってますか?すごいたくさんの人、後ろの人見えてますか〜?みんな見えてますよ!」と、全て中国語でMCを行った。

ライブ中盤では、11月11日リリースとなる「リローデッド」に収録される、「リローデッド」「Ghost of a smile」「Door」を3曲続けて披露。「Door」が主題歌となっている、映画『屍者の帝国』は前日の10月2日から公開となっており、映画の公開を上海から祝福した。

ライブは大盛況のうちに終わり、アンコールを含め、全22曲を歌唱。最後にchellyは「上海でライブが出来たこと、すごく光栄です。終わりたくないです…。でもやっぱり最後はみんなと盛り上がりたい!」と話し、「Departures〜あなたにおくるアイの歌〜」を披露すると、ファンからの大合唱が起こった。最後には会場全体から「chelly!chelly!」という、“chellyコール”が巻き起こった。

積極的に海外にも活動の幅を広げていく、EGOISTに今後も目が離せない。なお次回のライブは、国内ツアーとなり、11月3日の愛知・Zepp Nagoyaを皮切りに、全国5箇所で開催される。

chellyコメント
香港、シンガポールに続いての上海公演でしたが、今日もみなさん熱く熱く盛り上がってくれて嬉しかったです。
特に上海はかつてない盛り上がりで、凄く楽しかったし、嬉しかったです。
次から国内ツアーが始まりますが、もう一段階上のEGOISTを見せられたらな、と思っております。
また進化をして、上海に必ず戻ってきてライブがしたいです!

関連リンク

EGOIST オフィシャルサイトhttp://www.egoist-inori.jp/
EGOIST OFFICIAL FC「EGOISTix*fam」https://egoist-fc.jp/
supercell公式サイトhttp://www.supercell.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。