体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エルトン・ジョンを聴くならこの5曲

 エルトン・ジョン(Elton John)。正確には1998年以降、長年の音楽界への功績を認められてナイトの称号を与えられ、Sir Elton Hercules Johnとするのが正しいものらしい(もっとも、Elton Johnそのものも本名ではないのだけれど)。芸歴47年(最初のシングル「I've been loving you」('68)から数えて)、過去にリリースしたアルバムは2015年現在、32枚にもなる。もちろん、編集盤やサントラ盤、ライヴ盤も含めれば、約50枚ほどのアルバムを世に送り出しているサー・エルトン。Wikiってみると、シングルとアルバムの総売上げは、ビージーズやローリング・ストーンズ、ピンク・フロイドを上回る約3億枚…なんて記述がある。同様のものでは、2011年6月、経済誌フォーブス誌が「世界中で最も稼いでいるミュージシャン」を発表し、1億ドル(日本円で約80億円)を稼いで3位にランクインした…というのもある。まぁ、正確な数字は分からないけれど、大変な記録を打ち立てているアーティストであることは間違いない。

エルトン・ジョン『グレイテスト・ヒッツ 1970-2002』のジャケット写真 (okmusic UP's)

 いきなり、嫌味な書き方になってしまったが、もちろん悪意なんかありません。ただ、いつの頃からかエルトン・ジョンのパブリック・イメージのひとつとして、こうした「セレブリティ」的なものが表だってきてしまった感は否めないだろう。同じ「セレブリティ」にしても、ローリング・ストーンズとはどこか違う。微妙な言い方だけれど、どちらもエンターテイナーではあるものの、後者には枯れてもなおみなぎっているロックミュージシャン感が、エルトンにはやや薄いということはあるかもしれない。それでも、70年代の彼にはロック…とまで言わなくても、英国きってのシンガーソングライターという存在感を発揮していたし、『Captain Fantastic & the Brown Dirt Cowboy』(’75)の頃のツアーやザ・フーの作品をロックミュージカル仕立てにした映画『Tommy』(’75)に“ピンボールの魔術師”役で出演した姿などは、ジェリー・リー・ルイスをイメージさせるようなロックンローラー然とした姿を披露していたものだ。デビュー前にはあらゆるロックバンドのオーディションを受け(中にはキング・クリムゾンというのもあった)、ことごとく落選し続けたという秘話もある。やはり、ロックの洗礼を受けてきた人なのだ。本人の正しい経歴としては4歳からピアノを弾き、王立音楽院(ロイヤルアカデミー)に6年間在学するという、もしかするとクラシック音楽の道に進んでいたかもしれない、ある意味正統派な人でもあるのだけれど。
 前置きが長くなったが、今秋、彼は日本にやってくる。単独公演としては8年ぶり、8度目の来日公演となる。現在判明しているのは2公演のみで、11月16日(月)大阪・大阪城ホール、18日(水)神奈川・横浜アリーナ。 ちなみに今回のツアーの詳細に目を通していて、オッ! と思ったことが一つある。サポートミュージシャンの中にドラマーのナイジェル・オルソン、ギターのデイヴィー・ジョンストンの参加である。彼らは70年代のエルトンの黄金期を支えたミュージシャンだ。となれば? 
 そこで今回は、彼の長い活動と膨大なディスコグラフィーから、珠玉の5曲を選び抜いてみる。相当に無茶な作業であることは承知の上。まず、手持ちのアルバム、未購入のアルバムもあれこれ試聴して、ふるいに掛けてみた。そこで感じたのはやっぱり70年代にリリースされた諸作のグレードの高さである。これはもう決まりだ。先のツアーメンバーであるナイジェル・オルソン、デイヴィー・ジョンストンも参加している黄金時代から厳選することに異論を挟む方など、いるだろうか? 

1.「Your Song(邦題:僕の歌は君の歌)」(’70)
これは外せないだろう。数あるエルトンのベスト盤でも必ず入っている。本人も気に入っているらしく、未だにライヴでも演奏されることが多い曲だ。アルバムとしては彼の2nd作で、タイトルもずばり『Elton John』(’70)に入っている。デビュー作『Empty Sky』(’69)も悪くないアルバムで、エルトンの作風、持ち味は発揮されているのだが、発売当時はセールス的には伸び悩んだらしい。しかし、評論家筋には高評価で、それを受けて自信を持って制作されたのが2nd作で、実質、エルトン・ジョンの快進撃はここから始まる。制作陣もすでにパートナーとなっていた作詞のバーニー・トーピンに加え、プロデューサーとしてガス・ダッジョン、そしてストリングス/オーケストレーションのアレンジにポール・バックマスターが顔を揃え、ここに黄金の布陣が整っている。シングルとしてリリースされたこの「Your Song」は全米8位、英国7位を記録し、マッカートニー(ポール)以来の逸材とこれまたエルトンは評論家筋に激賞される。切なくロマンチックな歌詞に、エルトンがピアノ弾き語りでしっとり聴かせる、最高のラヴソングと言える。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。