ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

それでも世界が続くなら、11月発売のアルバム全容&リリース記念ワンマン開催を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

それでも世界が続くならが、インディーズ復帰第一弾となる11月11日(水)発売の6th アルバム『最低の昨日はきっと死なない』の全容を公開した。

同作はいじめや虐待等、実体験を元に現代の闇を表現し続けてきた彼らが、今作で向かい合ったのは希死念慮。前作とは一変して、深遠な静寂のギターサウンドと倦怠感の漂うリアルな言葉の、圧倒的なダウナーサウンドのアルバムとなっている。

また同時に、リリース記念ワンマン3公演「昨日を取り返す3日間」の開催を発表。中でも、年末12月26日(土)と27日(日)に行われる下北沢CLUB Queでのワンマン2DAYSは、昨年にDr栗原が骨折したまま行われたワンマン2DAYSのリベンジ戦。昨年同様、下北沢CLUB Queで開催され、内容もフロアライブワンマンとMV監督の藤井健氏とのVJコラボワンマンの2日間となっている。

今年メジャーからインディーズへの自主リタイアという大きな決断をした彼らの集大成であり、また前作「僕は透明になりたかった」の初回限定盤DVDにも収録された公演のリベンジ戦だけに、大きな話題になりそうだ。

アルバム『最低の昨日はきっと死なない』
2015年11月11日(水)発売
SSTN-001/¥1000+税
<収録曲>
1. 昨日が終わるまで
2. 傾斜
3. 冷蔵保存
4. 浴槽
5. 落下
6. 少女と放火
7. ひとりぼっち
8. 最後の日
9. 失踪未遂

『それでも世界が続くならインディーズ復帰第一弾アルバム 「最低の昨日はきっと死なない」リリース記念ワンマン公演 「昨日を取り返す3日間」』
「昨日と出会う日」
11月22日(日) 千葉K`s Dream
開場 16:00/開演 17:00
※完全着席DAY/限定100名
前売り¥3000/当日¥3500

「昨日を塗り潰す日」
12月26日(土) 下北沢CLUB Que
開場 16:30/開演 17:00
※FLOOR LIVE DAY with SIMPLE LIGHTING
前売り¥3000/当日¥3500
※2DAYS通し券あり:¥5000(両日入場可)

「昨日を取り返す日」
12月27日(日) 下北沢CLUB Que
開場 16:30/開演 17:00
※STAGE LIVE DAY with VJ LIGHTING
前売り¥3000/当日¥3500
※2DAYS通し券あり:¥5000(両日入場可)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP