ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポケット入れて持ち運び!世界最小の「チャイルドシート」が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「車に取り付ける」という、従来のチャイルドシートの概念が吹っ飛んでしまう、革新的なデザインが登場しました。まさかここまで小さくなってしまうとは…。これぞ、チャイルドシートの最終型、コンセプトは「持ち運び自在」です。

 これは画期的!
持ち運び自在の
ポータブル・チャイルドシート

子供の成長に合わせて買い替えたり、付属のパーツを外して使用する必要があったチャイルドシート。このチャイルドシートが窮屈になってくると、次に使用するのがジュニアシートです。この軽くて持ち運び自在なジュニアシート「mifold」は、パカッと開けば座面が登場。なんだか心もとない気もしますが、耐久力抜群のプラスチックポリマーに航空機にも使用されるアルミ素材が用いられているんだそう。

従来のジュニアシートは、子供の座面を高くすることで、大人用に設計された車の三点シートベルトがみぞおちを圧迫したり、首に引っかかる危険性を回避した設計。ところが、この画期的な「mifold」は、シートではなくベルト自体を子供の体格に合わせて下げることで、安全性を保つことを目的としています。ゆえに、このコンパクトな形状が可能という訳。

10倍コンパクトでも
安全面はバッチリ

パパママが最も気になるのは安全性。開発者のJon Sumroy氏によれば、世界の主要各国で安全性能テストを実施した結果、「法令で定められている最も高いレベルの安全基準をクリア」したと、安全面は超がつくほどのお墨付きだとか。

自動車大国アメリカでは、一般的に日本よりも厳しい安全基準が設けられていて、チャイルドシートに子供を座らせないことは、「児童虐待にあたる」という見方もあるようです。例えば、タクシーを利用するにも、友人宅の車に乗る際も、カバンに入れて持ち歩けるシートがあれば、確かに安全この上なしですね。

“車から降ろす”という
概念がなくなる

子供の代わりに大人が乗るときなど、着脱だけでなくチャイルドシートって案外、置いておくにも場所を取るものですよね。その点「mifold」なら、ダッシュボードだろうが、シートのポケットだろうが(ズボンのポケットだってご覧の通り)、使わないときはどこでも収納できちゃうサイズ感。カーシェアリングを利用するときなど便利そうですね。

すでに、クラウドファウンディング「Indiegogo」では、目標額をはるかに上回る(1,664%!)潤沢な資金調達を達成し、予約も殺到中。これは、日本でも間違いなく流行りそう!

Licensed material used with permission by mifold

関連記事リンク(外部サイト)

あなたが自然と触れ合うべき「7つのワケ」。実は病気になりにくくなる!?
読むだけで、心が軽くなる「ブッダの名言」10選
1日に1回、お母さんに電話すべき「26の理由」。本気で叱ってくれる大切な存在

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。