ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カラスからフグ守る山口県の海上警備猫 人間なら80才近い高齢

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 栽培漁業センターの職員が乗った小さな船が海上に浮かぶいかだに近づくと、幅30cmほどの板の上を器用に渡って猫が駆け寄ってくる。

 生まれたときからこのいかだの上で暮らしているドラミだ。

「猫の15才って、けっこうなおばあちゃんかもしれんけど、そうは見えんじゃろ?」

 ちなみに彼女は、人間でいえば80才近い高齢猫。若さの秘訣は?

「やっぱりこの環境じゃね。季節を体で感じられるのが最高! 海上生活だとノミもつかんし、ええことだらけっちゃ」

 ドラミは、今も一緒に海上警備をしているチー(17才・取材時は体調を崩して陸で療養中)と、数年前に他界した父猫ブーニャンの娘として、このいかだの上で誕生した。

 若いころはカラスを追い払おうと足場をダッシュし、勢い余って海に落ちることもあったというが、

「今は、わたしらがおるだけで、カラスが寄ってこんけー」

 と余裕の表情。ちなみに、万が一落ちても得意の“猫かき”でいかだに戻れるのでご安心を。

「台風が来たときは倉庫に避難するんじゃけど、揺れん地面は落ち着かんっちゃぁねー。わたしらは本当の意味での“海猫”じゃけぇ」

 瀬戸内海の穏やかな潮風にヒゲを揺らし“海猫”ドラミは今日もフグたちを守っている。

【プロフィール】
名前:ドラミ ♀
年齢:15歳
種類:猫
勤務先:公益財団法人下松市 水産振興基金協会 下松市栽培漁業センター
職種:海上警備
主な仕事内容:海上に浮かぶ養殖用いかだの上で、カラスなどからフグを守る。
お給料:毎日、職員さんが船で運んできてくれるキャットフード。
好きなこと: 職員さんたちに会うこと。
嫌いなこと:抱っこされるのがイヤ。
ただし、自分からお膝に乗るのは好き!
現在の悩み:17才になるお母さんのチーが体調を崩しているので、早く元気になってほしい。
将来の夢:いつまでも母娘なかよく、いかだの上で暮らしたい。

※女性セブン2015年10月15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『イーデザイン損保』CMの岡田茉奈 ズボンが破れた赤面体験
海洋覇権拡大狙う中国 第2の海軍組織で軍事力の膨張著しい
渡辺恒雄氏 九官鳥守るため電動銃でカラス狙うも転倒し骨折

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP