体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【つながるひみつ】第3話「高層ビルは”電波の幽霊”がいっぱい!?」

携帯電話やスマートフォンがつながるのはなぜなんだろう? 遠く離れたところにいる人の声がアッというまに届くしくみには、一体どんなひみつが隠されているんだろう?

ビルや人でいっぱいの繁華街からでも、高層ビルのてっぺんからでも、携帯電話でちゃんと通話ができます。だれもが、このことを当たり前のことと思っているけど、この「当たり前」の裏側には、実はたくさんのアンテナたちの活躍があるんです。

大ちゃんは久しぶりに電波くんとにぎやかな商店街で待ち合わせしました。

大ちゃん「お店や人でいっぱいのところでも通話ができるのは、いろんなところにたくさんアンテナが設置されているからだよね。そのくらい、ボクだってわかるよ!」

電波くん「そうだね。ほら、あそこにも、ほら、あそこにもアンテナがあるね」

大ちゃん「そうだ、これから高層ビルの40階にいるあずきちゃんに電話をかけるから、ボクも電波くんと一緒に行って驚かせよう!」

電波くん「お安いご用さ」

大ちゃんはスマホであずきちゃんに電話をかけて、「元気?」と言うと、すぐに電波くんの背中に跳び乗り、アンテナに向かって飛んでいきます。それから、あっという間に光に変身して光ケーブルの中を、あずきちゃんのいちばん近くにあるアンテナを目指して駆け抜けていきました。

気がつくと、大ちゃんたちは高層ビルの下にいました。

大ちゃん「え、窓の外から高層ビルの中に飛び込むんじゃないの?」

電波くん「それが違うんだ。空中の高いところでは電波の幽霊がたくさん出るから、高層階まではビルの中を光ケーブルで進むように対策をしてあるんだよ」

大ちゃん「で、電波の幽霊!? やだなにそれこわい!」

電波は光に似た性質を持っていて、ぶつかった相手の性質によって、反射したり、曲がりながら通り抜けたりします。しかも電波は波のように進むので、アンテナから発射された電波が、都会の建ち並ぶビルに邪魔されて弱くなったりします。

高層階は基地局よりも高い場所にあるので元気な電波が届きにくく、ビルの外のたくさんのアンテナから弱くなった電波だけがやって来て、つながりにくくなったりするのです。

電波くん「つまり、元気のない僕がたくさんはい上がってくるんだ。まるで幽霊みたいにね」

大ちゃん「いやぁぁぁぁ! 幽霊電波くんが追いかけてくるぅぅぅ!」

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。