ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

過激仮装にうんざりしたら……ハロウィン限定「大人のサンリオピューロランド」がアツイ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

年々過激化するハロウィンの仮装大会。都心に出れば仮装した人・人・人で、じつは内心うんざりしている人もいるのでは?
でも、せっかくのイベントなのに何もしないというのも味気ない……。
そんな人へおすすめしたいのが、今年2回目の開催となるサンリオピューロランドで催される「PINK sensationです。

ほどよい収容人数

記念すべき初回だった去年、参加してみた感想としては、「混み具合がちょうどいい」!
限定2,500人(今年は限定3,000人)だったので、多いに盛り上がる人数のわりには、ぎゅうぎゅうで動けないというほどにはなりませんでした。
また、サンリオピューロランドの場所が場所だけに、渋谷の機動隊が出動するような、血気盛んな雰囲気にはならないのも女性にはうれしい限りです。

ほどよい仮装

客層の印象としては、「6:3:1=音楽を聞きにきた:新しいもの好き:キティちゃんが好き」といった具合。
仮装している人も多いですが、「いくらかかっているの?」と思うような、本格的な人、過激な人はいませんでした。

エアー遊具が楽しめる

普段は子ども限定のエアー遊具ですが、この日ばかりは大人にも解放されます。
四方をバルーンに囲まれたアトラクションや滑り台など、お酒を飲んで遊べるので、子どものようにはしゃいでしまいます。

2015年の見どころ

11月1日(日)の、キティちゃん誕生日のカウントダウンのほか、今年はマイメロディとキキ&ララが誕生40周年という節目。
「特別な催しが用意されてるのでは?」……といまからわくわくです!
また、キティちゃんがノリノリで回してくれる「DJ Hello Kitty」は、キュートなのにかっこよくてオススメ。
都会のハロウィンが合わないと思ったら、大人のサンリオという手もありますよ。
PINK sensation
image via Shutterstock/N Azlin Sha


(グリッティ)記事関連リンク
あ、ハロウィン衣装を何も用意してない…そんなときのお助けコーデ
アイテム使いがポイント♡ ハロウィンは憧れのディズニープリンセスに
いますぐできるハロウィンラブテク♡ レベル高し差し入れ女子

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP