ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ガンズ・アンド・ローゼズ、再結成の道のりはまだ遠い?元ドラマー、「俺に声がかかっていない」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ガンズ・アンド・ローゼズ、再結成の道のりはまだ遠い?元ドラマー、「俺に声がかかっていない」

ガンズ・アンド・ローゼズ、黄金ラインナップの中で「犬猿の仲」と言われていたアクセル・ローズとスラッシュが和解というビッグニュースが先月流れ、再結成の可能性が少しずつ見えつつあるガンズだが、元ドラマーのスティーヴン・アドラーは「まだ実現には程遠い、なぜなら自分には全く声がかかっていない」と9月28日のアメリカのシリウスFMの番組で発言している。

自ら率いる「アドラー」で活動中のスティーヴン。もともとは、薬物中毒でバンドを追われ、その後も何かと問題を起こしてきたが、リハビリを経て、現在は21ヶ月間クリーンな状態を保っているという。しかし、失ってしまった信頼は大きく、再結成の声がかかっていないのも、アドラーを気にかけていたスラッシュやダフ・マッケイガンが、彼の薬物依存、アルコール依存の治癒を信じていないからだと語る。未だに遠巻きに噂話が聞こえるだけで、蚊帳の外にいるというアドラー。やはり本人も自分自身に大きな問題があったと認めている。

スラッシュとアクセルが、20年の時を経て再び対話を始めたとはいえ、アドラーは2006年からアクセルには会っていないとのこと。「自分を除く4人で活動を始めるのでは?」との疑念も、ややあるようだ。
「自分が死ぬか、奴らを殺すか」という物騒な発言もあるが「もしガンズ・アンド・ローゼスが再結成しなくても、自分は今の活動を毎日コツコツやっていくだけ。曇りや真っ暗な時間が長く、人生を無駄にしてきた。自分のバンドで演奏すること、練習すること、幸せに生活をしっかりやっていくことだよ」と数年前では予想のつかない真面目な発言もしている。

『アペタイト・ディストラクション』時代のガンズ再結成は、数少ないロック・レジェンドのビッグプロジェクトのひとつだ。時間はもう少しかかりそうだが、スリップノットのコリイが、「自分のツアーをやめて追っかけになるよ」と発言しているように本当に数多くの人が待ち望んでいるのも、紛れもない事実なのだ。

■参照リンク
Ex Guns N’ Roses Drummer Steven Adler: Slash And Duff Mckagan Don’t Believe I Am 21 Months Sober – Blabbermouth.net

関連記事リンク(外部サイト)

感謝祭ミニマラソンで優勝した「仮面ライダー鎧武」佐野岳がカッコよすぎる 「さすが神!」「神だから当然」
マイアミ・マーリンズ、イチローがまさかの投手で登板!メジャーでも二刀流を実現、世界中で話題に
赤ちゃんを乗せて車を運転するワンコが可愛すぎると話題に【動画】
小林麻耶の可愛すぎるぶりっ子ぶりがネット上で好感度上昇中 「頭よくてかわいいとか最強」「こういう嫁ほしい」
SMAP・稲垣吾郎の「おつりの出し方」がヤバすぎるwww 「1円玉10枚で10円とか好き」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。