ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マイアミ・マーリンズ、イチローがまさかの投手で登板!メジャーでも二刀流を実現、世界中で話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マイアミ・マーリンズのイチローが、10月4日のフィラデルフィア・フィリーズ戦にまさかの登板、日本のオールスター戦で話題になった二刀流っぷりがアメリカMLBでの舞台でも実現した。

https://youtu.be/Eso9DWlxvqc

8回に4番手投手として登板したイチローは、1イニング、打者5人に対して2安打1失点。マーリンズの公式でも大々的に紹介され「スライダー投げてるよ」「観に行ってたけどクールだったぞ」「新しいニックネームはピッチローだな(ピッチとイチローの語呂を合わせたもの)」など、大盛り上がり。

今年のシーズン最終戦ということもあり、マーリンズが負けている試合であることを考えてもMLBのマウンドで、専業じゃない選手が投手を務めること、さらに敵地で起用するというのは賛否が分かれそうだが、もしかすると来季はGM職に復帰するジェニングス監督が「監督になってやってみたかったこと」の一つがイチローの登板だったのかもしれない。

今期のイチローは398打席91安打、打率.229とメジャー移籍後の成績ではワースト記録に終わったが、シーズン前半で、外野の主砲、スタントンの離脱などもあり153試合に出場し、 チーム内でのベテランとしての影響力の強さをマーリンズも高く評価。来季の3000本安打に向けてチームも再契約を前向きに検討している状況だ。

関連記事リンク(外部サイト)

岡崎慎司がバロンドール候補に選出、海外でも話題に レスターファン「リネカー以来の快挙!」
「カワサキを愛している」優勝したブルージェイズ・川崎宗則を地元紙が大特集、愛されすぎてると話題に
アマゾンでロボットが販売されていると話題に お値段なんと1億2000万円!
新大食い王・MAX鈴木がメチャクチャ強すぎると話題に 史上初の新人で完全優勝、ジャイアント白田も認めた!
ボクシング世紀のヘビー級マッチの記者会見にバットマンが登場して話題にwww【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP