ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

丈夫で軽い、しかも多機能!世界最小クラスのアウトドア用“スマートランタン”が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

季節が進み、すっかり秋らしくなってきた。行楽の秋を待ち望んでいたアウトドア好きにピッタリな、“屋外用スマートランタン”が登場した。

・世界最小クラスのアウトドア用スマートランタン

それが、Bernie Auyang氏が開発した「O2Tech Smart Lantern」で、多機能なアウトドア用ランタンは世界最小クラスの大きさに加え、軽くて丈夫なのも魅力だ。

・スマホからリモートコントロール可能

ランタン本体にはBluetooth通信機能を搭載。スマートフォンのアプリを通じて、リモートコントロールがおこなえるようになっている。

「暗くなってきて、ランタンがどこにあるかわからない」、そんなときにも安心。スマートフォンから指令を送って、ランタンをフラッシュ点灯させることで場所を把握したり、テントの中からリモートコントロールでランタンを消灯する……なんてこともできて便利だ。

またアプリを通じて、1600万のカラーから好きな色を選んで設定することも可能で、その日の気分や天気に合わせて、カラーチェンジをして楽しめる。

・軽くて丈夫、バッテリーも長持ち

ランタンには“200 Lumen”“400 Lumen”の2タイプが用意されていて、高さはそれぞれ25センチメートル、29センチメートルほど。

バッテリーを入れても、重さは1.6キログラムほどしかなく、水はねにも強くて、丈夫なつくりになっている。

再充電可能なリチウムイオンバッテリーを内蔵しており、ハイパワー状態でおよそ8夜、ローパワー状態で30夜分の連続使用が可能だという。

また、スマートフォンなどの電子デバイスをUSBポートで接続し、5000mAhのチャージャーとして用いることもできる。

さらに、このランタンには気温、湿度、気圧を計測するセンサーが付いており、アプリを通じて、ユーザーに天気のアラートを送る機能があるのもユニークな点。

・現在、Indiegogoで資金調達中

現在、クラウドファンディングIndiegogoで資金調達を実施しており、出資受付期間は残り50日ほど。すでに目標金額3万ドルの2倍超の金額を集めている。

O2Tech Smart Lantern

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP