ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『仮面ライダーゴースト』第1話は?ファンから期待大の評価

DATE:
  • ガジェット通信を≫

平成仮面ライダーシリーズ17作目の『仮面ライダーゴースト』。ついに10月4日に放送がスタートしました。

毎回新ライダーが発表されるたびに色々物議をかもすのがこのシリーズの常。放送してもしばらくは批判される事も珍しくありません。

【関連:10月開始の『仮面ライダーゴースト』大人用衣装シリーズ登場 命!燃やすぜ!】

■平成ライダーは落としてから持ち上げるスタイル

前作『仮面ライダードライブ』では「バイクに乗らないライダー」という事で放送前には「もうライダー名乗るのやめろ」「仮面ドライバーじゃねぇか!」「石ノ森先生が草葉の陰で泣いている」と言われ、特に車に乗らないというコンセプトについては、最後まで一部でしつこく言われていました。
ただ、ちゃんと毎話見てるファンの中には、第1話の印象でアメリカの特撮テレビドラマ『ナイトライダー』※に影響受けてるのかな?と察し、「ライダーはライダーでもこれはありかも」と早々に納得する人も多かったです。結果、最終話には「神作だった」「平成2期では1番面白かった」という高評価で終了。綺麗に終わりましたからね。ラストは主人公とヒロインのイチャイチャ具合ににやけるファンが続出していました。

更にその前の『仮面ライダー鎧武』では、先にモチーフが「戦国」「鎧」など知られていたので、まさかのフルーツミックス状態が判明したときには、「何故まぜた」「鎧だけで良かったのに」「てっきり『サムライトルーパー』的なもの期待してたのに」など失望されていましたが、それも放送開始されしばらくたつとストーリーの濃さと俳優陣の魅力にファンはくぎ付け。
放送終了後には「鎧武シック」「鎧武ロス」という言葉がファンの間でささやかれるほど、作品を引きずるファンが続出しています。ちなみに筆者もこの「鎧武シック」をわずらった一人です。

■今回は?

ここからは筆者の個人的感想まじえての第1話紹介です。未視聴の方もいると思われるので、詳しいストーリー紹介はさけますが、それでもネタバレが含まれるので読み進めるか否かは各自でご判断を。

前回ドライブ第1話での主役・竹内涼真さん(泊進ノ介役)に対する筆者感想は「こりゃまた頼りない兄ちゃんでてきたな」。前々回の鎧武では佐野岳さん(葛葉紘汰役)に「ゆとりライダー」という風に感じていました。
でもライダーシリーズのすごいところは1年通し役者がぐんぐん成長するところ。最終話には二人とも見事に魅力ある俳優さんに進化し、見た目も1話より垢抜けすっかりイケメン化していました。ライダースタッフって「本当に役者を磨くのがうまいな」とこの辺毎度関心するところ。

さて、今回の第1話での西銘駿さん(天空寺タケル役)には「こりゃまた弱そうなのきちゃったな」。恐らくここから盛り返し、役者の成長ごとみせてくれるのでしょうが、なかなか良い感じの「ヘタレっぷり」に今後の成長では目立つ形での変化が期待できそうです。

そして内容はと言うと、中盤でいきなりタケルが殺されるなどかなりアップテンポでストーリーが展開します。ストーリーについては伏線と思われる場面が多く、まだどのような内容になるかは想像がつきません。(タケルのお父さんが何故死んだのか、死んだお父さんから何年もたって何故小包が届いたのかなど)ただ、初回お決まりの戦闘シーン、変身シーンがてんこ盛りで、ゴーストスーツや各アイテム、そして仙人の使い魔・ユルセン(CV:悠木碧さん)の存在が深く印象づけられました。

ちなみに突っ込みどころとしては、1話始まってしばらく大天空寺・地下研究室シーンでのタケルの台詞の噛み噛みと、変身してからのフォーム「ムサシ魂」になったときの頭についてる刀の柄。
噛み噛みについては西銘さんにとって黒歴史かもしれませんが、見てる側からすると恐らくこれは後年お宝シーンになるのでしょうか?
そして!筆者が一番気になったチョンマゲのように刀の柄が刺さってるシーン。一瞬刀が頭に刺さってるように見えると言うか……突然の出現に一瞬困惑せずにはいられません。同じくネットでも「頭刺されてるみたいwww」「ムサシフォームのあの頭www」と爆笑した人が多かったもよう。

個人的にはストーリーと関係ありませんが他にも、『仮面ライダーグミ』のCMが気になりました。鎧武、ドライブと子役の南出凌嘉くん出演で同じ演出で放送されていたあのCMが……今回は違う少年に。演出もラップノリにチェンジ。
シリーズが変わってもぶれないあのCMには一種の安定を求めていたのですが、今回は裏切られてしまいました。今回も「ジューシー」してほしかったです。
なお、つい最近では実写ドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』でじんたんの子ども時代を演じているそうです。今後は別作品で彼の活躍を見守りたいと思います。

■第1話ネットの声は?

筆者の感想はここまでにして、ネットの評価はと言うと「第1話からテンポがいい」「神作の予感」「555みたいに発光してたの良い!」「やめろ!捨てるつもりだったのにベルト買う羽目になるやろ(震え声)」。とかなりの高評価。

前作ドライブは平成2期の中で『仮面ライダーW』と並びシリーズファンの間から特に高い評価を受けていました。そのため、場合によってはかなりの酷評も予想されていたのですが、実際スタートしてみると長年見守るファンからは期待の声の方が多いようです。

それ以外では、最後に流れたクレジットで「ミスター仮面ライダー」こと『高岩成二』さんの名がきちんとあった事にもファンからは喜びの声があがっていました。スーツ発表当初から「この写真の手は高岩さんに違いない!」と噂になっていましたが、どんぴしゃ正解だったようです。というか、手だけでスーツアクターを判別できるファンって本当にすごい!
それにしても第1話で久々に見た、バイクアクションは変わらずのすばらしさ。ドライブはドライブで良かったのですが、久しぶりに改めて見ると思わず素で「カッコイイ!」とテレビの前で叫んでしまいました。また、ムサシ魂での二刀流にもシビレまくりです!あ、また感想書いてすみません。高ぶりが抑えきれずつい……。

今後どう話が転んでいくかわかりませんが、ファンから期待されている事は間違いありません。筆者も勿論、毎週日曜朝にはテレビの前に正座して、この1年放送を見守り続けたいと思います!レッツゴー!覚醒!ゴ・ゴ・ゴ・ゴースト!

※『ナイトライダー』は、民間犯罪捜査員のマイケル・ナイトが、人間の言葉を話す特殊カー『ナイト2000』とともに様々な事件を解決していく物語。日本でも放送され、大人から子供まで爆発的人気を博した。

参考=東映HP『仮面ライダーゴースト

※「『仮面ライダーゴースト』第1話は?ファンから期待大の評価」はおたくま経済新聞で公開された投稿です

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP