体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気力士も常連。相撲女子&羊肉好きは巣鴨のモンゴル料理屋「シリンゴル」へ!

f:id:Meshi2_Writer:20150815045108j:plain

モンゴルと聞いてみなさんは何を連想するだろう。羊を放牧し移動式の住居に暮らす遊牧民か。鎌倉時代の蒙古襲来や昭和初期のノモンハン事変といった戦争の歴史か。赤ちゃんのお尻にできる蒙古斑だろうか。

あるいは、モンゴル勢が席巻して久しい相撲かもしれない。朝青龍に白鵬、日馬富士に鶴竜。ここ十数年、横綱になった力士はモンゴル出身の力士ばかり。モンゴルといえば相撲の強い国というイメージがいまではすっかり定着している。

そのように断片的なイメージはたくさんある。とはいえ、この国がどんなところなのか、現地の様子を詳しく知っている人は少ないのではないだろうか。かくいう僕もこの国に行ったことはなかったし、人々の暮らしぶりをよくは知らなかった。

今年の夏の初め、現地に住む日本人の友人を訪ねて初めてモンゴルへ渡った。印象に残ったのは、首都のウランバートルを一歩離れると大草原が広がっていたこと、そこで暮らす遊牧民のワイルドな食習慣を目の当たりにしたことだ。

たちまちモンゴル料理の虜になった僕は、帰国した後もモンゴル料理の禁断症状が抑えられなくなった。そこで今回、紹介する店まで出向き、本場さながらの味を堪能してきた。

果たしてモンゴル料理とはどんな料理なのか。なぜ僕がやみつきになったのか。また、モンゴル力士の強さと料理の関係についても考えてみた。羊肉に目がない読者の方々、必見です!

 

ナイフで器用に羊をそいで食べるモンゴルの人々 

f:id:Meshi2_Writer:20150815044919j:plain

成田からの直行便で約5時間半。首都のウランバートルへやってきた。摩天楼と渋滞、横断歩道の人混み。日本人が抱く、モンゴル的なイメージとは違う大都会の風景がそこにはあった。街の人口は約136万人(2014年)。モンゴルの全人口が約300万人(同)だから半分近くが暮らしていることになる。ちなみにこれまで横綱になった力士はみなこのウランバートル出身だ。

 

f:id:Meshi2_Writer:20150815044949j:plain

ウランバートルから東南東に約53キロ。郊外行きのバス、乗り合いのワンボックス、そして乗用車のヒッチハイクと車を乗り継いで、現地在住の友人の通称“モンゴルだるま”とともに「モンゴルだるま牧場」(そのままやないか!)を訪ねた。彼女はウランバートルを拠点に、通訳やコーディネート、コンサルタントといった仕事をこなす傍ら、馬約30頭、牛約30頭、羊と山羊合わせて200頭余りをこの付近で飼っている。「付近」とぼかして書いたのは、毎年、草原を転々とするからだ。

 

f:id:Meshi2_Writer:20150815045001j:plain

友人の飼っている羊たち。友人がウランバートルへ出かけているあいだに、牧羊のスタッフが一頭、羊を屠っていたそうで、「ゲル」と呼ばれる移動式住居の中には表面の毛を焼かれた羊の頭が目を見開いた状態で置かれていた(画像は自粛!)。友人によると「いなくなっていた飼い馬を見つけ出し、連れ戻せたお祝いに、羊を屠ってどんちゃん騒ぎをしていた」とのこと。

1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy