ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

箱根駅伝 火山活動により中止決定の噂まで飛び出して大混乱

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1920年に出場4校で始まった箱根駅伝は、90回以上の歴史の中で数々の名場面を生み、今や新年の国民的行事となった。中でも近年、「最大の見どころ」といわれるのは、天下の険・箱根に挑む「山登りの5区」だ。

 2006年に最長区間となって以降、各校は5区にエースを投入し、驚異的なスピードでライバルをごぼう抜きする「山の神」が誕生した。ところが箱根駅伝の華と呼ばれる山登り、来年の大会では中止の危機に瀕している。20年間欠かさず箱根に足を運んでいる駅伝ファンが明かす。

「例年通り、箱根に投宿して母校の往路ゴールと復路スタートを見届ける予定で、今年の箱根が終わった時点で来年の宿も予約しました。でも先日、確認の電話をしたところ“開催する、と思いますけど……”と歯切れが悪いんです」

 5月6日、気象庁は箱根山で火山活動が高まり、大涌谷火口周辺に影響を及ぼす噴火の可能性があるとして、噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)に引き上げた。

 6月29日には箱根駅伝ファンで知られる元千葉ロッテマリーンズ・里崎智也氏がツイッターで、〈噴火警戒レベル2が年明けまで続いた場合、お正月の風物詩・箱根駅伝は行われるのだろうか?〉と憂慮した。

 里崎氏の不安は的中する。その翌日、大涌谷で小規模な噴火が発生したとして、気象庁は警戒レベルを3(入山規制)に上げたのだ。

 これを受け、箱根町役場は大涌谷周辺の半径およそ1kmの範囲に避難指示を発令した。スポーツ紙デスクが言う。

「このとき、“これじゃ駅伝できないんじゃないか?”という話が出た。正月の箱根がなくなるのは異常事態ですから、大会関係者に取材する記者も多かった。“内々では中止が決まった”という噂まで飛び出して大混乱になった」

 それから3か月後の9月11日、気象庁は噴火警戒レベルを3から2に戻した。しかし、危険が去ったわけではないと地震・火山研究の第一人者、武蔵野学院大の島村英紀・特任教授が話す。

「差し迫った危険を表わす事象がないため、観光業に配慮して警戒レベルを下げたと見ています。直近の群発地震は確かに減っていますが、状況は警戒レベルを2から3に引き上げた6月とさして変わっていない」

 いまでも箱根山の入り口である箱根湯本駅前の観光協会には警戒区域が記された地図が貼られ、大涌谷へと向かう箱根ロープウェイの運休も続いている。

 大涌谷の火口から半径530m(9月11日の警戒レベル引き下げに伴い、同14日から半径1kmから縮小)の「立ち入り禁止」区域前の道路にはフェンスが置かれ、複数の警備員が目を光らせる。そこから山を見上げると、白い噴煙がもうもうと上がり、辺りには硫黄の匂いが立ち込める。

 だが、風評被害で観光客が激減しているためか、観光業関係者たちは口々に安全をアピールする。

「箱根駅伝が中止になる!? そんな話は聞いてませんよ。警報が出る前と何ら状況は変わっていない。危険なんてない。マスコミが騒ぎすぎなんですよ!」(箱根の飲食店店主)

 苛立ち混じりの口調からは、ただでさえ観光客が減っている状況で、箱根駅伝まで中止となったら大打撃になるという危機感が滲んでいた。だが、不安の声を上げる関係者もいる。地元の旅館経営者が絶対匿名を条件にこう話す。

「部屋の窓を開けていると、“ゴー”という地鳴りのような音が聞こえてきて不気味さを感じる。ウチの宿では館内にBGMを流してごまかしています」

撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
箱根駅伝の新勢力・東洋、青学、上武などから駅伝を語った本
正月の風物詩・箱根駅伝 関東以外の大学も出場できるのか?
もうすぐ箱根駅伝 一体何歳まで何回出場できるのかご存じ?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。