ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「あさが来た」で注目 天才子役・鈴木梨央を作った6人の女性

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月28日にスタートした、NHK連続テレビ小説『あさが来た』は、起業家・広岡浅子をモデルにした、朝ドラ初の「幕末物」として話題になっているが、注目すべきはその時代設定だけではない。役者も見どころで、波瑠(24才)が演じる主人公・今井あさの少女時代役に抜擢された鈴木梨央(10才)はその一人。「あれっ、あの子どこかで見たような…」と思った人も多いはず。これまで、NHK大河ドラマや母子家庭をテーマにした社会派ドラマなど数々の作品に出演し、今や“天才子役”となった梨央ちゃんに迫る。

■ドリルでコミュニケーション

 大河と朝ドラの両方で主人公を演じる子役は初だという。

「負けず嫌いで、努力家。オーディション時にはすでに完璧な京都弁をマスターしてきて、撮影現場でも大人気だそうです」(スポーツ紙関係者)という梨央ちゃん。

 波瑠もメロメロで、「梨央ちゃんは夏休みの撮影中、宿題のドリルを持ち込んでいたそうなんですが、波瑠さんはあれこれ教えながらも、京都弁のイントネーションを一緒に練習していたそうです」(芸能関係者)。

■完璧な“さすけねぇ(大丈夫)”

 当時7才、デビュー2作目にしてNHK大河ドラマ『八重の桜』に出演。綾瀬はるか(30才)に憧れてオーディションを受けた。それだけに現場では「綾瀬さんに迷惑かけたくない」とプロ根性を見せていた。

「会津弁で台詞が録音されたテープを繰り返し聴いていたこともあって、地元の人もびっくりするほど流暢な会津弁を話していました。また、梨央ちゃんは左利きなのですが、八重が右利きと知ると、箸で卵ボーロを1粒ずつつまむ練習を時間の合間をみてするなど“努力家”なんです」(テレビ局関係者)

■名前の由来は、大好きな真央ちゃん

「梨央」という名の「央」という字は、浅田真央(25才)からとったもの。実は、梨央ちゃんの母親は、浅田の大ファン。テレビで浅田を見て、“ビビビッ”と感じ、「央」の字をとったという。

■ドラマ『Woman』(日本テレビ系)でシングルマザーの娘を熱演

 夫を事故で失った、満島ひかり(29才)演じるシングルマザーと2人の子供たちが、貧しいながらも懸命に生きる物語で、小学生の長女を熱演し、視聴者の涙を誘った。ドラマアワードでいろんな賞に輝いた満島は「2人のおかげでお母さんになれた」と梨央ちゃんを絶賛した。

 ■芸能界入りのきっかけは元祖・天才子役

 梨央ちゃんが芸能界を目指したきっかけは、同じく“天才子役”といわれる芦田愛菜(11才)だ。2010年放送のドラマ『Mother』(日本テレビ系)に出演していた芦田を見て、「同じ年なのにすごい!」と憧れ、同じ事務所に入った。2014年には、『明日、ママがいない』(日本テレビ系)で共演を果たし、けんかシーンなど迫真の演技を見せた。

■35年の歴史で初の“ポカリスエット娘”

 今年1月からポカリスエットのイメージキャラクターに。「母です」「子です」という掛け合いが絶妙な、吉田羊(41才)との母娘コンビが話題になっている。

 実は、35年の歴史を持つポカリスエットのCMに子役が出演するのは初めてのことだが、本人は「大好きだったポカリスエットなので、撮影中もおいしかったです」とニンマリ。歌の振り付けとダンスは約3週間練習したそうだが、「足の細かい動きが難しかった」と声をそろえてコメントした吉田と梨央ちゃん。現場では終始息ピッタリだったようだ。

※女性セブン2015年10月15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『八重の桜』子役・鈴木梨央 共演者では西島秀俊と結婚希望
朝ドラ新ヒロイン波留 純白の衣装で伏し目がちな美しい笑顔
女優・田丸麻紀 思わず見とれてしまう「罪な美しさ」独占撮

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。