ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イチローがメジャーリーグで念願の投手デビュー!(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マイアミ・マーリンズに所属するイチローが、日本時間2015年10月5日に行われた米大リーグ、フィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャー初登板。1回を投げ、5人の打者を2安打1失点に抑えた。

この日の試合は今シーズン最終戦。3回裏からライトの守備で途中出場していたイチローがピッチャーマウンドに 登ったのは、2-6とリードされて迎えた8回裏だった。 「今日は最後だし、4点ビハインドでしたから僕から監督に声を掛けました」と試合後に明かした“志願の登板”の初球は、86マイルの(約138キロ)ストレート。内角高めの直球で打者をのけぞらせてみせたが、2球目を痛打され、先頭打者に2塁打を許す。

続く打者をセンターフライに抑え、記念すべき1アウトを記録したが、3人目のバッターに再び2塁打を献上し、初失点。88マイル(約142キロ)の直球を見事に捉えられた。

しかし、その後の2人をセカンドゴロとレフトフライに打ち取ったイチロー。首脳陣、選手、ファンからの温かい拍手とともに、念願の初登板を終えた。

試合後、イチローは「ニ度とピッチャーの悪口は言わないって誓いました」と苦笑いを浮かべた。最速89マイル(約143キロ)を記録した球速についても、「ショックでしたねー。最低90(約145キロ)と思ってたから。いやー、ショックですね」と反省しきり。とはいえ、  「メジャーリーグのマウンドに立つなんて通常ありえないことですから、この事実はもちろん思い出として残します」といったコメントも。

もともと、高校時代に投手として甲子園に出場したイチロー。プロ入り後は1996年のオールスターで一度だけ登板した経験こそあるものの、まさかメジャーの舞台でマウンドに登ることになるとは…。

世界のイチローが、41歳にしてまた一つ夢を叶えた。

Reference:MLB.com , デイリースポーツ

関連記事リンク(外部サイト)

「聞こえない」高校球児の夢、応援してくれる人を探しています。
全長600m!世界最長の「ウォータースライダー」が超楽しそう・・・
なでしこ澤穂希選手が結婚!過去には「恋人よりサッカー」だったことも

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP