ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タイムスリップしたみたい!平安時代の御殿風旅館「御所 社乃森」が完璧すぎると話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

たとえば「昭和レトロ」や「江戸情緒」といったように、その時代の雰囲気を再現している場所というのは数多くあります。ですが徳島県に、利用した人が口を揃えて「平安時代に行ってきた」と言っている宿があると話題になっています。

その旅館は渦潮(うずしお)で有名な大鳴門橋からほど近い場所にある「御所 社乃森」といって、平安時代をモチーフにした高級旅館。話題を呼んでいるのは何といってもそのクオリティの高さ。3000坪という広大な敷地を有しながら、客室はわずか10室というこの邸の姿は、まさに平安そのもの。そのレベルは “再現” という言葉以上のものがあり、当時の貴族の気分を存分に味わえます。

檜の銘木が使用されている客室は、実際の平安時代の考証に基づいて組まれた意匠で、絵巻などで見られるような灯りや丁度品、御簾、畳のフチで華やかに飾られています。居室や窓を開けた内風呂からは竹林を眺めることができ、風情も言うことなしです。またシャンプーをはじめとした化粧石鹸などのアメニティは全てあのロクシタンによって揃えられており、1000年を超えた優雅さと現代の快適さが同居しているところもとても好印象なんです。

そして最大の目玉は、平安時代の余興を心ゆくまで楽しめる無料イベントが数多く用意されていること。自分で香りを調合して楽しむ「薫物」や香木の香りを聞き分ける「聞香」、扇を的めがけて当てる「投扇興」などの遊びも楽しめるほか、夕暮れ時の神楽舞も鑑賞できたりと、より取り見取りです。

特に投扇興は一見シンプルに扇を当てるだけかと思いきや、的に当たった時の扇の形状で得点が決まるというユニークなもの。これはちょっと腕を上げたくなりそうですね。


さらに別料金となりますが、小袿や十二単やなどの平安時代の装束の着付けも可能。平安人になりきって過ごすひと時は、本当に現代にいることを忘れてしまいそうです。宿泊料は2名1室で3万9500円(一般室1名の通常料金)。お盆やお正月などでも料金変更はないそうなので、時期を考慮するとけっこうお得かも知れませんね。

さらにこの旅館は「全室テレビなし」というこだわりもあり、これには驚きました。確かに「平安時代に行ける」という噂は本当でしたね。「様々な体験ができてこの料金なら納得」という声もあり人気上昇中の「御所 社乃森」。非日常に浸りたいなら、さっそく利用してみてください。

「御所 社乃森」公式サイト

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

日本橋を振り返る。『残しながら、蘇らせながら、創っていく』をテーマに再開発が進む
平安貴族のファッションスタイルを英語で説明した画像が実に興味深い
京都に「暮らす」感覚で泊まれる宿がオープン!伝統家屋と古都の風情を独り占め

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP