ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

注目の「非・目ヂカラ系男子」は、ひと筋縄ではモノにできないわよ #オネエ調べ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いま人気沸騰中の俳優といえば、映画にドラマにと引っ張りだこの、新井浩文くんと染谷祥太くんよね〜。
アタシはとくに新井くんが大好物で、彼が出演している作品はかたっぱしからチェックしてるわ♡
新井くんと染谷くんの共通点ってなんだかわかる? じつは「非・目ヂカラ系男子」ってところなの(笑)。「目ヂカラがある」って褒め言葉になるけれど、非……ってすごいわよね。
当人たちも、「他人から、死んだ魚のような目をしている」と言われ過ぎちゃって、どうやら慣れっこらしいわ。

なぜいま、「非・目ヂカラ系男子」が人気?

でも、そんな非・目ヂカラ系男子がいまやモテモテなのよ! なんでかと言うと……。

見た目はクール

冷たそうに見えるのに、内側から感性が溢れ、独特な世界観を持っているの。
「なにを考えているのかわからない」というミステリアスなところと、普段はクールなのに笑顔になったときのギャップがたまらないのよね〜。
予測がつかない男が人気なのは、「草食男子」に辟易している女性たちの魂の反動からしら(笑)。

浮ついた感じがしない

冷めた表情ゆえか、「女のあとを追いかけ回すような、チャラい感じが一切しない」のよね。
まあ、本当のところはおいといて(笑)、要は「チャラさがニオわない」というのがモテる理由だと思うの。なんとなくだけど、男友だちとばかり集ってる印象を勝手に持たない? それも好感度高いのよ〜。

ひと筋縄では気を引くことはできないわ!

でも! 肝心なのはここからよ。非・目ヂカラ系男子って、簡単には恋に落ちないのも特徴なのよね〜。
しかも、自分自身が個性的で独自の世界観を持っているからか、女性にも「いわゆる普通」じゃないものを求めてしまうような気がするの。実際、染谷くんの奥様って菊池凛子さんだしね〜。
アタシが知ってる一般人の非・目ヂカラ系モテ男子の恋愛を観察してみてわかったのは、「人に合わせ過ぎない、だからといって個性を出し過ぎない」女子に惹かれてるみたい。

五感を大事にしている女子が好き?

男の目を意識した女子……ではなく、「自分の五感を大事にしている女性」に彼らは惹かれているような気がするわ。
とくに、知り合いの非・目ヂカラ系男子は、「おいしいと思うものは一緒のほうがいい。食べ物の好き嫌いが激しい女性は受けつけない」「いい香りがする人が好み」「触れたとき、肌と髪がシルクのような感触だったら、それだけで好きになるかも」という発言をしていたわよ。
つまり、「飾りたてる」ことよりも、五感に訴える部位に気を配ることが大事ということね。
アタシなんて、非・目ヂカラ系から「あんた……免税店みたいなニオイがする」と言われちゃったわよ。これって、彼の嗅覚を十分刺激したってことよね?
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
多忙な彼に「もっと会いたい」と言いたくなったら、想像してみること
嫉妬心は逆効果。彼の女友だちと上手につきあっていく心づもり
男性が「ついOKしちゃう」ごはんの誘いかた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP