ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山口組分裂劇 未解決事件犯人を警察に流し相手の弱体化狙う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 山口組分裂から1か月以上が経ったが、いまだ暴力による抗争は起きていない。離脱組は「神戸山口組」を名乗り、それぞれ互いの正当性を主張している。だが双方はこの間、世間の目に付かないように、相手を弱体化させる“禁断の武器”を投入していた。フリーライター鈴木智彦氏がリポートする。

 * * *
 山口組の分裂劇は第2段階に入ったとみていい。マスコミを使って互いの大義を喧伝しあう論戦は、ぼちぼち終わりになるだろう。ただし、“政治的寝技”という手札が尽きるまで、暴力という最終手段は行使されない。「マスコミは好き勝手に抗争を煽るが、無責任きわまりない。そう簡単に抗争にはならない」という暴力団側の主張は、ある意味正しい。

 ではどうなるか? それは暴力団からのリークをみるとはっきりわかる。もはや相手の不都合を感情的に罵倒することはない。警察が立件していない「未解決事件」の犯人を、具体的にリークしてくるのだ。

 生臭い足の引っ張り合いは、最初、離脱派から六代目山口組のトップである司忍組長に対して実行された。離脱した宅見組・入江禎組長が、傘下団体から集めた山口組内部の金の流れを熟知しており、内部告発と証拠書類によって、司組長が脱税で逮捕されるという噂が立ち上がった。山口組関係者は「離脱派の捏造だ」と語気を強めて否定した。

「あり得ない。山口組に金の流れを示す書類など存在しない。それに集めているのは経費で、どれだけ調べても犯罪性はない」

 が、問題は山口組と警察の関係だ。警察に対して明確な反意を示し、情報も出さず、捜査員を恫喝することさえ厭わない現在の山口組、とくに司組長の出身母体である弘道会を警察は別格に敵視している。上納金の私的流用を脱税に問われ、トップが再逮捕された北九州の工藤會同様、その取り締まりは国策捜査に近い色になる可能性が高い。

「警察の新手法はヤクザからすればただの因縁に近い。これまでセーフだった事例を、新解釈で犯罪にするということ。どんな手を使っても弘道会の幹部を摘発しろということは、不正を取り締まるのに不正ギリギリのラインを突けという意味だ」(指定暴力団幹部)

 なにしろ六代目山口組は、是が非でもトップの親分を守り抜かねばならない。組織の司令塔である若頭が恐喝事件で収監中で、ナンバー2に加えてトップまで収監されれば痛手は計り知れない。どんな嫌疑であっても司組長を逮捕・拘束されるわけにはいかない。

 かつての子分に足を引っ張られるのはトップだけではない。幹部クラスに関する密告は警察に大量に寄せられている。暴力団抗争に絡む殺人事件では、かつては一人殺しても「おつとめ」をすませて出所すれば組織内で出世できた。

 だが、一人の殺人でも量刑基準が無期懲役となった現在、事件の真犯人は出頭しないのがヤクザのセオリーだ。殺人の時効も撤廃された。つまり警察の捜査をすり抜けても、組織は体内に時限爆弾を抱えていることになる。

 組織内の爆弾を起動させるため、チンコロ(警察への密告)の嵐が吹き荒れている。表向き暴力団はこうした行為を蔑み、最低の外道としてはいるが、実際には身内の犯罪を警察に密告し、ライバルを放逐した例は枚挙にいとまがない。リークの大半は殺人事件だ。

「名前が挙がっているのは、行方不明になった幹部や、シノギで絡んだ共生者が被害者の事件。ほかにも、死体さえ出ていない事件がかなりある。寝返るか無期懲役か。どちらかを選べというわけで、えぐいやり方だが、効果は抜群でしょう」(警察関係者)

 暴力団社会である程度の噂になった事件は、当然、警察がマークしている。そこに具体的な情報が寄せられれば、捜査は一気にすすむ可能性がある。

「親分たちは立場があるから言えんけど末端には関係ない。行方不明者の家族も知ってるし、細かい事情も分かってる。その気があるならいつでも教える」(山口組組員)

 危険なリークの嵐は、もうしばらく猛威を振るう。

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
暴排条例対策で山口組 破門状は郵送からファクスに切り替え
暴排条例反論の山口組組長に「的を射ている部分ある」の声も
半グレ集団「何が悲しくて今さら暴力団?」の心情警察理解せず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP