ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TV、映画でお坊さんブーム バラエティ、仮面ライダー、月9も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 さまざまなブームが生まれては消えるテレビ・映画の世界。その中で今、「キテる」、あるブームがあるという。それがズバリ「お坊さん」だ。

 テレビ番組では、月曜夜7時から『ぶっちゃけ寺』(テレビ朝日系)が放送中。この番組、頭に「お坊さんバラエティ」と名前がつくように、出演者は司会の爆笑問題やパネラーのタレント以外は全員、現役の住職。毎回、彼らの修行やファッション、さらには恋愛・結婚にいたるまで、あらゆる裏側を花にしてもらうという、史上初「僧侶のトークバラエティ」だ。
 
「特定の業界人だけを集めてトークするという番組は、古くはボディビルダー50人や、ミスコン準優勝者50人などを一堂に集めてトークしていた『上岡龍太郎がズバリ!』(TBS系)、最近では『バカなフリして聞いてみた』(日本テレビ系)や『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)、『ジョブチューン~あの職業のヒミツぶっちゃけます!』(TBS系)など特段変わったスタイルではありません。ただ、毎週“お坊さん”だけで番組を成り立たせようとしたところがすごい」と語るのは、テレビが大好きだと言う放送作家・内堀隆史氏だ。

 この番組はもともと、昨年9月まで放送されていた『言いにくいことをハッキリ言うTV』という深夜番組から派生したもの。ここで、僧侶をテーマにした回が好評だったことからそのままレギュラー化され、今年4月にゴールデンに進出した。話上手な住職が多く、しかも、別世界の意外な話ばかり。グイグイ惹きつけられてしまう視聴者は多いようだ。
 
 さて同じくテレビ朝日系列で10月4日からスタートしたのが『仮面ライダーゴースト』。仮面ライダーシリーズ27作目となるこの作品、モチーフとなっているのは「お化け」。いきなり初回で主人公が死んでしまい、ゴーストとなって敵と戦うという、奇抜な設定となっている。だが注目すべきは、ジュノンボーイの新人俳優・西銘駿(にしめ・しゅん)演じる主人公・天空寺タケルの人物背景だ。

「タケルは大天空寺というお寺の跡取り息子。仮面ライダーに変身するときも『開眼!』と言って、印を結ぶポーズをします。かつてゴーストハンターとしても活躍していた亡き父親に代わり、タケルの成長を見守る住職代理の御成(演・柳喬之)は、もちろん丸刈りに袈裟という典型的なお坊さんスタイルです。ちなみにこのシリーズを全話ディレクションする監督さんも気合が入っているのか、頭を丸めて撮影に臨んでいるみたいですよ」(内堀氏)
 
 お寺の跡取り息子の仮面ライダーなど史上初ではないだろうか。

 さて、そんな「お坊さん」が登場するテレビドラマさらには映画が、この10月に2本ラインアップされている。

 まずは12日から始まる新・月9ドラマ。『5→9(5時から9時まで)~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)。石原さとみ演じる英会話学校講師と、山下智久演じる僧侶が、とある葬儀会場で最悪の出会いを果たし、やがて恋に落ちるという異色のラブコメディーだ。原作は少女漫画雑誌『Cheese!』(小学館)で2010年から連載されている漫画家・相原実貴さんの『5時から9時まで』だ。放送前から、山下がイケメン僧侶をどう演じるかに注目が集まっている。

 続く24日に公開されるのは、主演を務める俳優・伊藤淳史の丸刈り姿が似合いすぎると話題になっている映画『ボクは坊さん。』。原作は、四国八十八箇所めぐりの札所(ふだしょ)・栄福寺に生まれ、24才で突然住職となった白川密成(しらかわ・みっせい)さんの同名エッセイ(ミシマ社)。2010年に著書が発売されて以来、何度か白川氏の元には映画化の依頼がありながらなかなか正式には決まらず、5年後にようやく実現したという。

 
 過去にも、本木雅弘主演による映画『ファンシイダンス』(1989年)や、中居正広がお寺の副住職を演じた月9ドラマ『ブラザーズ』(1998年)などの「お坊さんもの」はあったが、このように同時期に、お坊さんやお寺関連のコンテンツが発表されることはあまりないだろう。

 近年、現役のお坊さんが経営し、また人生相談も受けつけてくれるバー「坊主バー」が各地にオープンし、お寺ではジャズコンサートやダンスベイントがたびたび開催。2011年、東京・築地本願寺では震災復興のためのチャリティー女子プロレスも行われた。

「それまでは別次元と思われていた仏教の世界が身近になってきているのでしょう。テレビや映画でお坊さんが取り上げられているのは、そんな時代の気分も多少影響しているのかもしれません」(内堀氏)
 
 仏教やお寺というのは長い歴史のなかで、われわれの生活に深く入り込んできた。誰もが一生の中で必ず関わるもので、本来、われわれにとって身近なものではなかっただろうか。そう考えると、テレビや映画などさまざまな形で取り上げられ人気を呼ぶのもうなずけるのだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
H本大量保管の祖父のため葬式で「棺の中にH本を」と僧侶
半沢直樹の後継番組が成功しない理由などTVの裏側読み解く本
TV局員 子供は録画でアニメ、妻はDVD三昧で放送見ないと嘆く

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP