ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

肉・卵・チーズをたっぷり食べて1年で50kg痩せた女性漫画家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本人がいちばん食べている肉は豚! 脂肪燃焼のスイッチを入れる成分L-カルニチンが鶏肉の約7倍も。1日200gたっぷり豚肉を食べて1年で50kgやせたという漫画家の証言をはじめ、「豚肉やせメソッド」を専門家に聞いた。

「豚肉には、代謝を高めるビタミンBや、脂肪燃焼のための成分L-カルニチンが豊富に含まれています」と話すのは、肉でやせる食生活を提唱する沖縄県の『こくらクリニック』院長で医師の渡辺信幸さん。

「お肉の脂肪やカロリーで太ると考えがちですが、太る原因となる糖質はほぼ0。とくに豚肉には、脳内で幸福感をもたらす必須脂肪酸“アラキドン酸”も豊富。よく噛んで食べると満足感も得られ、結果的に食べる量を減らせます」

 日本で唯一の“肉ダイエッター”として食事指導を行う健康予防管理専門士の長谷川香枝さんは、「お肉中心の食事に切り替えたら、半年で15kgやせました。噛む回数が増える串焼きや、代謝を高めるしょうがを料理にプラスするなど、食べ方の工夫でさらにやせやすくなります」と効果を実感している。

 ダイエット経験をコミカルに描いた『肉・卵・チーズをたっぷり食べて1年で50kg痩せました』(講談社刊)が話題の漫画家、椎名マキさん。

「以前は糖尿病でカロリー計算ばかりしていましたが、お肉中心の生活にしたら嘘みたいにやせて…。朝と昼に卵やチーズを食べ、夜は肉をたっぷり食べています。無理して野菜をたくさん食べていたころは、オナラばかり出て便秘気味でしたが、今はラードやバターで調理したお肉を食べているせいか、快腸です。

 豚肉は料理のバリエーションも多いので飽きないんですよね。スペアリブなど硬めのお肉は小さく切り、その都度よく噛みます。また、噛んでいる間は箸を置くと食べるスピードが落ち、満腹感を感じやすくなるので、ご飯を食べなくてもお腹が満たされます。あんなに大好きだったスナック菓子やラーメンを食べたいと感じなくなったんですよ。肉中心の食事で“耐えるダイエット”ではなく、生活習慣そのものが変わりました」

※女性セブン2015年10月15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「そもそも毎日30品目食べる必要はない」と管理栄養士が指摘
1年で24kgやせた女性漫画家「白米と鶏肉は太らない食材」
叶恭子「お肉は基本赤身のみ。1日400~500gほど食べます」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。