ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金満僧侶はごく一部 檀家増やすためバー開きマスター就任も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「日本全国の寺院のうち、35.6%が消滅の可能性がある」(鵜飼秀徳著、日経BP社刊『寺院消滅』より)。今、日本全国の寺が困窮にあえいでいる。3人の現役僧侶が、その実情から葬式にまつわるお金の話まで語り合った。

〈今回はそれぞれ自らの寺院を持つ住職・副住職たちが一堂に会した。甲信越地方の浄土宗の副住職A(43)、関東地方・曹洞宗の住職B(50)、そして北陸地方の臨済宗の住職C(35)が、匿名を条件に「坊主のホンネ」を語る〉

──お寺にとって“繁忙期”である彼岸が過ぎました。いかがでしたか。

浄土宗A:昔は1日に何件も法事があり、目が回るほど忙しかったと聞きますが、最近は檀家が減ってきているので、ここ数年はすっかり暇ですね……。

「体の自由が利かなくなった」とか「墓守りをする親類や子供がいない」などという理由で、先祖代々の墓を処分して永代供養墓に合葬する「墓じまい」をするケースが増えました。

臨済宗C:ウチは檀家数が約150軒と少ないんですが、ここ2年でさらに5軒減少しました。墓を移転することを改葬というのですが、子供の住んでいる都心に、自分が引っ越すのと同時に改葬する人が多い。「墓じまい」と「改葬」で、田舎はダブルパンチに見舞われている状況です。

〈地方で檀家が少ない寺は、僧職だけでは食べていけないため、兼業する人が多い。浄土宗の機関誌『宗報』の2014年6月号に掲載された過疎地の寺へのアンケート調査結果によると、現在の兼業住職の割合は5割以上にのぼるという。また、前掲書の『寺院消滅』によれば、浄土宗本願寺派の寺院の約45%が年収300万円以下にすぎないというデータもある〉

──お寺の主な収入は何でしょうか。

曹洞宗B:葬儀や法事の際にいただく「お布施」と「お墓の管理料」、それ以外に寺の維持・管理のために檀家の方々からいただく「護持会費」です。

 護持会費は地方で年間5000円から1万円、都市部なら3万円程度といわれ、仮に1万円とすると300軒の檀家がいれば護持会費だけで300万円が寺に入ることになります。500軒あれば十分な収入になるし、余暇を楽しむ余裕も出るでしょう。ただし多すぎてもダメ。1000軒を超えると、全ての檀家さんを把握できなくなりかえって良くないといわれています。

 また、すべてが自分の収入になるわけではない。檀家が多いほど安定収入が増えることに違いありませんが、お布施や護持会費の一部は総本山に寄進しなければなりません。檀家の数や住職の格によって異なりますが結構な金額になります。

臨済宗C:お坊さんは立派な袈裟を着て広い土地・家に住んでいるという裕福なイメージがあるかもしれません。確かに中には外車を乗り回したり、ゴルフ三昧だったりする住職もいる。でもそれは今やごく一部です。

 地方では檀家さんでもある農家からのコメや野菜の「いただきもの」でなんとかやりくりしている人もいる。檀家の数が生活状況に露骨に反映されますよね。

浄土宗A:だから今やお坊さんの副業は当たり前です。昔は幼稚園や保育園の経営とお寺を兼業することも多かったのですが、最近では自らがガイド役を務める仏閣を巡るツアーを企画する旅行代理店業や、卒塔婆に文字を印刷する印刷会社を営むお坊さんもいますね。

臨済宗B:中には現役僧侶がマスターとなってバーを開いていたり、歌手としてCDデビューしたりすることも。こう聞くと華々しいですが、彼らの場合は副業で稼いでいるというよりは「バーや歌を通じて自分たちのことを知ってもらい、檀家数を増やしたい」というのがホンネでしょうね。

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ファンモンDJケミカル 1304年から続く寺を継ぐため1年修行
柴又帝釈天 「御前様」の後継者をめぐり騒動が勃発していた
帝釈天お家騒動「修行投げ出した息子に任せていいか?」の声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。