ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

背負ったままで中身が出せる「バックパック」。秘密はスイング機能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一般的に2wayバッグと言ったら、持ち方が二通りある機能を指す表現。ですが「これも立派な2way!」と、思わず納得してしまうバックパック「Paxis」が、アメリカのアウトドア愛好家たちの間で評判を呼んでいます。

レバーひとつで
バッグが二分する!?

一見するとベーシックなバックパック。ところが、トンデモない楽チンなアイデアを搭載した逸品。だって、いちいち背中から下ろさなくても、背負ったまま中身が取り出せてしまうのだから。実のところズボラでもなんでもなく、アウトドアで本領を発揮するための最適設計が施された、本格派ツールなのです。

肩ストラップに付属されたレバー(シャトルポッドリリースハンドル)を引くと、ワンタッチで「シャトルポッド」と名付けられた、バッグ下部(1/3の収納スペース)が、背中部から、ぐるっと前方お腹側にスイングして回ってくる仕組み。これがPaxis最大の特徴です。

どうです?このしなやかな動き。シャトルポッドに必要なモノさえ入れておけば、出し入れの手間が省けるでしょ?ちなみに、シャトルポッドの容量は2リットルのペットボトルと同等のサイズ感。

必要な時、さっと取り出せれば
自然の変化も逃さない

例えば、動画にも登場する釣りのシーン。ルアーやフライといった小道具もさっと取り出せて、これならアクティビティを中断する時間もわずかで済みます。もちろんトレッキングや山登りでも活躍必死。カメラやマップ、サングラスに双眼鏡、水筒だってワンタッチで手元にスーッといった具合。

Paxis生みの親はVierthaler夫妻。シアトルとバンクーバーの間に浮かぶ、大自然がそのままの姿で残るオーカス島に移り住んで30年の、大のアウトドアフリークです。自ら楽しむアウトドアライフを通して、機能性をとことん追求した結果、このこの2way収納を思いついたんだそう。

ありそうでなかったこの仕組み。ひとたびフィールドへと出れば、両手はいつでもフリーでいたいし、カメラでも水筒でも、「使いたいときにさっと取り出したい」。Vierthaler夫妻の機能追求は、そんな思いに端を発しています。この欲求、アウトドア好きならばきっと納得がいくはず。
アングラーでもハイカーでも、自然の中に分け入ったら、誰だって「逃したくない一瞬」があるのでは?

そうそう、小さい子どものいるパパママたちにもPaxisはおすすめ。タオルや水筒、お菓子、必要なときにさっと取り出せるのって、案外、重要なポイントですよね。

Licensed material used with permission by Paxis

関連記事リンク(外部サイト)

【1,600万回再生】米国発!「空飛ぶウォータースライダー」に話題殺到
キャンプ界の革命児「テントサイル」から新モデル発売。アウトドアの常識を変える!
もっとドキドキしたいアナタが、旅に持って行くべき「5つのモノ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP