ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベトナム独立の父が眠るホーチミン廟で歴史に思いを馳せる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベトナムの首都ハノイ。ハノイはベトナムの工業の中心地として知られ、また農産物の集散地ともなっているベトナム北部の中心的都市。

ベトナム建国の父として知られる初代国家主席・ホーチミンから名付けられた南部の都市ホーチミンは、商業の町としてベトナム経済の中心地と言われてます。

そんな南北に特徴のある2つの大都市を抱えるベトナムですが、ベトナム建国の父として知られる初代国家主席・ホーチミンの遺体はやはり首都ハノイにあります。

ホーチミンは、フランス植民地時代から第二次世界大戦、そしてベトナム戦争を通して、ベトナムの独立のために戦い続けた革命家でした。

「革命家」という言葉とはことなり、実際には非常に温厚で高潔な性格だったそうで、今でも多くのベトナム国民に愛されて親しまれています。

実は今年は、第二次世界大戦終戦後にベトナム共和国が独立してから70年目に当たる節目の年。そのため、ホーチミンが独立を宣言した9月2日にはベトナム国内で多くの式典が催されました。

ホーチミンは個人崇拝を好まない人物だったそうで、死後は遺骨をベトナム国土に散布してほしいという遺志を残していたそうですが、実際には遺体は保存処理がなされ、今もこのホーチミン廟の中に安置されています。

ホーチミン廟の周りは多くの衛兵で厳重に警備されていて、霊廟内も見学することはできますが一切写真撮影や私語も禁止されていて、とても厳かな雰囲気。

死後40年以上経ってもベトナム国民から強い尊敬を集めてやまない人物であることがうかがい知れます。

ホーチミン廟の裏手には、革命の歴史やホーチミンの愛用品などを展示したホーチミン博物館もあり、ホーチミンとベトナムの歴史を学ぶこともできます。

ホーおじさん(バック・ホー)としてベトナムの国民に今も愛されているホーチミン。

そんな歴史を味わう旅を楽しむために、ベトナムを訪れてみるのも良いかもしれません。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなる メディア

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP