ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スウェーデンでは常識?「1日6時間労働」が仕事の生産性を15%も上げる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない。
現にスウェーデンから始まった、「一日の労働時間を6時間」にする新しい働き方が効果を生み、欧米ではすでに導入を始めた企業があると、「Mic」の記事は伝えています。
従業員の生産性もやる気もUPする、これからのワークスタイルになり得るかも?

一日6時間労働の方が
生産効率が高かった!

現在、スカンジナビア半島の国々で、かなりの数の企業や自治体が一日6時間勤務のシステムを試験的に導入しています。
ソフトウェア開発企業の「Filmdundus」も、新労働時間を採用中の企業。CEOのLinus Feldt氏は、毎日8時間従業員たちに労働させても「思うほど生産性が上がらず効率が悪いだけ」と、今回の短縮時間導入に踏み切った理由を「Fast Counpany」の取材に対し述べています。プライベートの時間までを管理するのは、無理という判断からのようです。昨年、会社が6時間制を導入して以降、従業員たちの生産性に減少は見られなかったようです。。会社がとった策としては、それまで時間を気にせず設けられていた「社内ミーティングの数と時間」を段階的に減らしたことと、社員たちに仕事中の「SNSチェックを規制」させたことくらい。

25年以上前から
試験導入&調査して
導き出した最適な時間帯

一日6時間勤務を週に5日で30時間。スウェーデンのこの取り組みは、少人数規模のスタートアップ企業や、老人ホームなどで働く人々の常識を変えようとしています。昨年から続く、民間レベルでの取り組みに、スウェーデン政府も労働者の6時間勤務推移の実態と、試験調査に乗り出すことを決めたようです。「The Guardian」が伝える記事によると、実際にはスウェーデンは、1989年当時より一日6時間勤務の稼働を試験導入して、女性社員の家事と家庭の両立や、賃金形態、生産性の推移を調査してきたようです。

従業員たちの意識改革
明るく、自分から動く

労働時間の短縮に喜んでいるのは、スウェーデンだけではありません。ニュージャージー州シコーカス市に本拠地を置く老舗、レザーカンパニー「Royce Leather」も、この労働制度を数年前から導入し、一日に9〜10時間労働を強いられていた従業員たちを6時間へと変更。彼らの満足度が飛躍的に上がったことを指摘しています。

「従業員たちはより、楽観的に明るく、だけど前向きに仕事へと取り組むようになったことは明白です。これにより、従業員たちが『会社のために働きたい』という、モチベーションの向上につながったと考えています」

2012年に導入以来、ここ3年で会社全体の生産性は最大15%向上し「上昇トレンドにある」と、Royce Leatherのマーケティング・ディレクターWilliam Bauer氏は、6時間制導入のメリットを語っています。

今日、アメリカの平均的な労働時間は、伸びる一方。このスウェーデン型の労働時間に見習うべき点は多いようです。

Licensed material used with permission by Mic

関連記事リンク(外部サイト)

マザー・テレサからアインシュタインまで!心が奮い立つ「28のメッセージ」
新しいキャリアへ!一歩踏み出すための「6つのアクション」
知らないうちに同僚が一生の親友になっている「10のワケ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP