ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平井理央アナ テレビ出演減少でもブランド力を保つ秘密とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テレビ局で経費削減を求める声が増えていることもあり、フリー女子アナが苦戦中だ。そのなかで平井理央アナ(32)が、他のフリーアナとは異なる独自路線で存在感を見せている。平井アナは、今から3年前の2012年秋にフジテレビから独立。昨年は『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー「グルメチキンレース・ゴチになります!15」のレギュラーを務め、連続ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系)では女優として出演するなど仕事の幅を拡げている。

 フジテレビ退社直前に、同局社員と結婚。局アナ時代はアイドルアナウンサーとして売り出されてきたことを考慮すると、既婚者であり、30歳を過ぎた今、フリー女子アナ界で生き残るのは容易ではないはずだ。そんな不利と思える状況を乗り越えた背景には、所属事務所の社長である実姉の巧みな戦略があるのだという。テレビ局関係者が話す。

「なんでもかんでも仕事を受けるという姿勢ではない。売り出し方が上手いですよね。フリーになると、目の前に来た仕事はとりあえず受けてみるという方針を取る女子アナは少なくありません。もちろんそれは大事な姿勢ですが、時にそれは自らを安売りしてしまう面もある。平井アナの場合は、大局的な視点に立って、上手にセルフブランディングを行ない、仕事を選別しています」

 今年は『ゴチになります!』のレギュラーを外れ、昨年に比べるとテレビ出演の機会も大幅に減っているように見えるが、それでも安売りをせず、一定のブランドを保っている。

 5月には、ニューヨークシティーマラソンの体験を綴った『楽しく、走る。』(新潮社)を出版。現在は、「スカパー!」のサッカー番組『天皇杯ハイライト』のMCを務めるなどしている。

「局アナ時代、『すぽると!』(フジテレビ系)を担当した経験を、フリーになっても上手くつないでいる。闇雲に番組に出るのではなく、スポーツ系なら地上波、CSを問わず、積極的に出演する。一線をしっかり決めて選んでいますね。

 テレビ番組のオファーを断ることも珍しくない一方で、ラジオでは「J-WAVE」でナビゲーターを務め、雑誌では『BRUTUS』で連載を持つなど、おしゃれなイメージのある媒体でレギュラーを持っています」(同前)

 平井アナ本人の努力はもちろんのこと、事務所による巧みなマネジメント戦略も加わって、フリー女子アナ界で確固たる地位を築こうとしている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フジ平井理央アナ 同僚との交際は順調も結婚にはネックあり
平井理央アナ 体のライン強調した服で中畑監督と握手し赤面
TBS田中みな実 フリー転向後の好敵手は仕事好転の平井理央

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。