ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロ野球 今季の引退選手で打線を組んでみたら結構凄かった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球シーズンが押し迫り、今年もユニフォームを脱ぐ選手たちが現れ始めた。フリー・ライター神田憲行氏が、思い入れのある選手を語る。

 * * *
 10月1日現在までに引退を表明した選手をチーム別にまとめてみる。

◎阪神タイガース

渡辺亮(33)投手、関本賢太郎(37)内野手

◎広島カープ

河内貴哉(33)投手

◎中日ドラゴンズ

山本昌(50)投手、朝倉健太(34)投手、谷繁元信(44)捕手、小笠原道大(41)内野手、和田一浩(43)外野手

◎横浜DeNAベイスターズ

高橋尚成(40)投手

◎日本ハムファイターズ

木佐貫洋(35)投手、中嶋聡(46)捕手

◎埼玉西武ライオンズ

西口文也(43)投手、森本稀哲(34)外野手

◎オリックスバファローズ

平野恵一(36)内野手、谷佳知(42)外野手

◎東北楽天ゴールデンイーグルス

斎藤隆(45)投手、小山伸一郎(37)投手、山﨑浩司(34)内野手、小斉祐輔(32)内野手

 かつての大選手の引退が多い。引退選手で打線を組んでみると、

1森本稀哲(中)

2平野恵一(二)

3和田一浩(左)

4小笠原道大(一)

5関本賢太郎(三)

6谷佳知(右)

7谷繁元信(捕)

8山﨑浩司(遊)

9山本昌(投)

(中継ぎ)西口文也

(抑え)斎藤隆

 打順やポジションに異論はあるだろうが、そこはお遊びなのでお許しいただきたい。彼らが全盛期ならAクラスは確実、リーグ優勝も狙える。

 このなかで私の思い入れがとくに強いのは、楽天の小山投手だ。2005年に中日から移籍して球団創設時から在籍していた選手で、「ファウンダー」選手はあとはもう牧田明久しかいない。私は楽天1年目のルポ「97敗、黒字」を書いたときも、2013年の優勝時も現場で取材したときも、いつも小山がいた。

 小山が楽天で初めてセーブポイントを挙げたのは2005年4月2日、フルキャスト宮城(現コボスタ宮城)での西武戦だった。西武の先発は松坂大輔だったが、貧打の楽天が5点を挙げ、最後に小山が締めて5対3で勝った。150キロのストレートにフォークボール、中日はなんと良い選手をくれたのか、これは「杜の大魔神」じゃないかと感激したものだ。その後のプレーは正直、「杜の大魔神」とはいかなかったが、中継ぎに抑え、敗戦処理のようなことまで与えられた役目を黙々とこなしていた。。

 性格は陽気で、最初のころは「おちゃらけ」キャラのような存在だったと思う。それが年齢を重ねるとともに言葉と行動に重みが増し、優勝時には「投手陣のリーダー」と形容されるほどの存在感があった。そのころ小山は私に、

「自分が楽天にやってきたばかりのころは、『楽天だから試合に出られている』といわれて、本当に悔しかった。いま優勝争いのチームで試合に出ていて、胸張ってやっていけるようになったと思います」

 と、文字通り胸を張った。

 2013年9月26日の西武ドーム、リーグ優勝を決めて、小山は喫煙コーナーに置かれた灰皿代わりの石油缶の前に座り、「ひぃひぃ」と声を挙げて泣いた。泣きながらライターの火を付けようするが、手が震えてつかない。そばにいた若い選手が「小山さん、なにやってんすか」と笑い、もらい泣きした。

 その試合、抑えのためにブルペンからマウンドに向かう田中将大を小山は最敬礼して見送った。

「田中に向かって敬礼されていましたね」

 という私に、小山は、

「いや、自分はどの試合でも、どの投手でも、ブルペンから登板する選手にはそうしています」

 小山が中日から楽天に来たのは26歳、無償トレードだ。選手でも金銭でもない「無料で移籍」にプライドを傷つけられる選手もいる。しかし小山はこういう。

「新しい球団では自分を先入観なく見てくれる。新天地で頑張りたいと思っていました」

 プロ野球在籍期間は19年、楽天在籍10年で登板した試合数は409、とくに2008年から12年まで連続5シーズン50試合以上登板している。寒い仙台なのにいつもアンダーシャツは半袖だった。

 もし小山がそのまま中日にいたなら、投手陣のリーダーとして、優勝の瞬間に立ち会えただろうか。引退記者会見をしてもらえるような選手になっていただろうか。本当に良いときに、良いチームに、良い選手がいてくれた。引退会見は腐らず、明るく、黙々と投げ続けた男につける最後の勲章になった。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高木守道 V10阻止した翌日、引退する長嶋にかけた謝罪電話
日本シリーズ 絶対エースも簡単に結果残せぬ過去データ紹介
落合監督夫人・信子さん ビールかけ参加して選手シラケる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。