ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドラマ『サムライせんせい』主演の錦戸亮 カツラ生活に不安

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ドラマ『サムライせんせい』(テレビ朝日系、毎週金曜・23時15分~24時15分放送)で幕末の志士・武市半平太を演じる錦戸亮(30才)。サムライを演じるのは映画『ちょんまげぷりん』(10年)以来2度目だが、歴史上の人物を演じる時代劇は今回初となる。

「昔の人は頭の高さが変わることなく、スッと歩くんですけど、ぼく自身ぴょこぴょこ上下しながら歩く癖があって、映画のときも何度も注意されたんですよ。そこは気をつけたいなって思います。時代劇ならではの独特の所作にはひとつひとつに意味があって、日本ならではの奥ゆかしさがあるのかなって思っているので、丁寧に演じていきたいですね」

 と意気込みを語った。7月から行われていた関ジャニ∞の地方限定のイベント『関ジャニ∞リサイタル』も9月13日に終了。

「リサイタルで三重県に行ったんですけど、2日目の朝8時半からひとりで鳥羽水族館に行ったんです! 朝一で水族館なんて行ったことなかったので、気持ちよかったですよ。これから年末にかけてドラマ、アルバムの発売、ツアーと続き、忙しいですね。でも忙しいなんて言っていられないですよね、ここで大変なんて言ってたら、この仕事辞めろ!! って思いますよね」

 今回のドラマ撮影中いちばんの不安は、意外にもカツラ生活だという。

「カツラとか着物を着たまま寝られる術を身につけたいですね。最近のルーティーンだと、昼休憩では絶対お昼寝がマストなんです。カツラが外せないのでマネジャーに頭持ってもらって寝たりしてみようかな(笑い)。

 あとお昼ご飯も楽しみにしてるんです。でもカツラつけたまま外に出られないじゃないですか、ホンマのタイムスリップみたいになってしまいますからね!!」

※女性セブン2015年10月15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
カツラバレ要注意点 鬼門は眉毛、前髪生え際、後ろ髪のハネ
安物カツラ男 強風の日に「ズレそうだから会社を休みたい」
着脱型カツラの2つの難点 「頭に汗かきズレる」「強風に弱い」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP