体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海風が気持ちいい!岡山・香川で瀬戸内海を満喫する4つの方法

瀬戸内海

古くから海上交通の大動脈として機能してきた瀬戸内海。多島海が織りなす風景の美しさは、古今東西の来訪者を魅了し続けています。

近年は国際芸術祭の開催などで海外からの観光客でもにぎわうようになってき備讃瀬戸エリアにスポットを当て、海と山と風を感じられる、とっておきのアクティビティを紹介します。

1. シーカヤックで瀬戸内海を冒険する!(香川)

圧倒的な開放感。シーカヤックでまだ見ぬ世界へ

瀬戸内海のおだやかな潮の流れとやさしい海風を五感をフル活用させて体感するには、シーカヤックがおすすめ。

瀬戸内の穏やかな海にこぎ出せば、そこは別世界。陸側からはなかなか近づけないレアなスポットを冒険したり、刻々と色を変える夕日が染め上げる神秘的な夕日を堪能したりと、さまざまなコースで瀬戸内海の魅力を味わえます。Free Cloud シーカヤック カヤックと一体となって穏やかな海に漕ぎ出せば、別世界の心地よさを体感できる。沈みゆくサンセットに心奪われるひとときもFree Cloud シーカヤック

カヤックに乗る前にインストラクションがあるので、初心者でも安心して体験できる

香川県西部、仁尾(にお)にあるFree Cloud(フリークラウド)では、シーカヤックやSUP(スタンドアップパドル)によるツアーを体験できます。なお、シーカヤックは11月まで実施予定となっています。 Free Cloud(フリークラウド)
TEL/080-3924-9610
住所/香川県三豊市仁尾町家の浦383
営業時間/9時〜18時
定休日/不定
料金/カヤックハーフデイトリップ8500円〜、SUP2時間5500円〜
「Free Cloud」の詳細はこちら

2. 山上から眺める多島海の絶景(香川)

多彩なルートと絶景スポットが魅力の小豆島ハイキング

小豆島は、「八日目の蟬」をはじめ映画のロケなどで人気が高まりつつある風光明媚な島。岡山県側と香川県側、そして神戸三ノ宮港から定期船でアクセス可能です。

瀬戸内海では淡路島に次ぐ2番目に大きな島とあって、島内各所を回るなら車が便利ですが、島と海の魅力を知るには歩いて回るハイキングがおすすめ。 自然舎 小豆島には瀬戸内海随一の標高を誇る山もある。急峻な地形と多島海が織りなす絶景スポットはガイドツアーで訪れよう 自然舎

寒霞渓をはじめ、紅葉スポットも人気の小豆島。変化に富んだ景色には感動もひとしお

エンジェルロードとして知られる干潮のときにだけ現れる砂の道や、奇岩が織りなす美しい景色など、歩いてめぐることで出合えるスポットがいっぱいです。

そんなとっておきスポットをガイドしてくれるのが自然舎(じねんしゃ)。島と海を知り尽くしたスタッフが、とっておきの瀬戸内海の楽しみ方を伝授してくれます。10月いっぱいはシーカヤックによる海のツアーも開催中。秋の行楽シーズンは、小豆島に出かけてみませんか? 自然舎(じねんしゃ)
TEL/0879-75-2771
住所/香川県小豆郡小豆島町池田1446-3
営業時間/9時〜17時(曜日により異なる)
定休日/不定
料金/島歩き 大人5500円〜、海歩き(カヤックツアー)大人6500円〜
「自然舎」の詳細はこちら

3. 穏やかに凪いだ海面をヨットで航海!(香川)

グループで気軽に楽しめるヨットクルージング

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。