ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「金本監督」に虎党「マジやめて」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


阪神タイガースの和田 豊監督が今シーズン限りで退任となることが発表され、後任に2003、2005年のリーグ優勝の立役者・金本知憲氏の名前が浮上。しかし阪神ファンの反応は今ひとつだ。

【もっと大きな画像や図表を見る】

2012年からチームの指揮をとっていた和田監督は、初年度5位の後、2年連続で2位となり、昨年はクライマックスシリーズを勝ち上がって日本シリーズ出場も果たしたが、今シーズンはV逸が確定。4年連続で優勝を逃した責任を取り、9月30日に退任することが発表された。

これにともない後任として名前が挙がったのが金本知憲氏だ。金本氏は広島カープの主軸として活躍後、2003年にFAで阪神に移籍し、2003年と2005年のリーグ優勝に大きく貢献。2005年にはMVPにも輝いている。

金本氏は“アニキ”の愛称で抜群の人気を誇ったチームの大功労者なだけに、監督就任の報に対してツイッターには、

「金本アニキ監督はワクワクドキドキだなあやっぱり阪神好きになった小学生の頃にばりっばりに活躍してた人だもんなあ」
「新監督が金本さんになったら嬉しいですね」
「おおおおお!!!金本監督ほんまお願いします!!! 1年目は別にBクラスでもいいよ 若手ちゃんと育てる意思見せてくれたら!!!!」

と、熱烈なラブコールが寄せられている。しかし、阪神ファンがこぞって大歓迎しているかというと必ずしもそうではなく、

「金本いきなり監督はやめて欲しい。入閣するなら打撃コーチでしょ。意見しっかり言える人だし」
「阪神の次期監督にコーチ経験もない金本はどうかと思う」
「金本の監督起用はマジでやめてくれって思ってる」
「金本監督ってなんかすげー違和感笑」

など、慎重論を唱える虎ファンは少なくないようだ。

人気チームである阪神の監督は、ファンの厳しい目にさらされながら結果を出さなくてはならない厳しい仕事ゆえ、かつてのヒーローの“安易な起用”を危惧する声が寄せられている。
(金子則男)
(R25編集部)

「金本監督」に虎党「マジやめて」はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

金本の永久欠番 賛否は完全に二分
金本と吉田 国民栄誉賞はどっち?
大リーガーがツイで日本に求職活動
阪神の得点時パフォーマンスに賛否
高校野球の監督にしたい名選手1位

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP