体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タンポポの綿毛に乗って旅に!童話のような写真が美しい

Gabe Tomoiaga00

ルーマニア出身の写真家、Gabe Tomoiagaさんが撮影するのは、子どもの頃に思い描いた童話のような世界。

動物たちと仲良くなったり…

Gabe Tomoiaga04

タンポポに乗って旅に出たり…。

Gabe Tomoiaga02

驚きと発見に満ちていた世界がそのまま焼き付けられている。

Gabe Tomoiaga03

最初はポートレイトなどを撮影していたが、やがてよりクリエイティブなものをと現在のような幻想的な作風に転じた。

Gabe Tomoiaga04

モデルとなっているのは、彼の3人の息子たち。

「彼らこそが僕の発想の源なんだ」

とTomoiagaさんは語る。

Gabe Tomoiaga08

「子供たちが話すことやすることは、いつも僕を驚かせてくれるし、自分が子供だった頃のことを思い出させてくれる」

「彼らをモデルに撮影するのはとても楽しかった。子供たちのおかげで雑音に耳を貸したりせず、シンプルに考えることができたんだ、でも、少しの間でもじっとしていてくれないのには参ったけどね」

Gabe Tomoiaga05 Gabe Tomoiaga07 Gabe Tomoiaga01

「子供でいられる時間はあっという間に終わってしまう。大人になれば、時間や予定に追われて、自分が楽しかったことや懐かしい思い出をすっかり忘れてしまう」

「でも、僕は見ている間は子供だった頃のことを思い出せるような写真を撮り続けていきたい」

Gabe Tomoiaga09

Gabe Tomoiaga
http://www.tomoiagafineart.com/

写真(まとめ)

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。