ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アニメ声金田朋子ほか声芸タレント バラエティーで重宝の理由 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 声優の金田朋子をはじめ、声がユニークなタレントがテレビで活躍している。古くからバラエティー番組には声芸タレントというのは欠かせない存在だ。彼らがテレビ界で重宝される理由はどこにあるのか? テレビ解説者の木村隆志さんが分析する。

 * * *
 声優・金田朋子の姿をバラエティー番組で見る機会が増えています。人気の秘けつは、もちろん「一度聞いたら忘れない」声の面白さに違いないのですが、それが、無類の明るさ、突拍子もないコメント、10才年下夫とのエピソードなどと見事にシンクロしていることも大きいでしょう。

 言わば“変な声”を軸に据えた“声芸”を武器にしているのですが、それは金田に限った話ではなく、バラエティー番組では常に重宝されてきました。かつての山瀬まみ、吉川ひなの、ピンクの電話・清水よし子。2000年代に入ってからは、安田大サーカス・クロちゃん、小倉優子、芹那、ふなっしー。今年に入ってからも、超ロリ声の私立恵比寿中学・廣田あいかや、ほとんど聞き取れないガサガサ声のプロレスラー・本間朋晃、天龍源一郎ら、変な声のタレントがバラエティー番組を盛り上げています。

 そんな声芸タレントが重宝されている理由は2つ。1つ目は、「変な声=変な人(面白い人)だろう」というイメージ。心理学に「人の評価は、ある特徴的な一面に影響されやすく、他の側面も同じように感じやすい」ハロー効果という言葉があります。

 視聴者は、声芸タレントの声を聞いた瞬間、「変な声=変な人(面白い人)」という期待感を抱き、「何を言っても、何をやっても面白い」といわゆるツボに入った状態になりやすいのです。また、金田のように声の個性が強いほど、初めて聞いたときのインパクトが持続しやすく、視聴者に飽きられるまでバラエティー番組に出続けることができます。そのパターンは“変な声”と“変なヘアメイク”の違いこそありますが、「変なヘアメイク=変な人(面白い人)だろう」のイメージがあるオネエタレントと似ているかもしれません。

 2つ目の理由は、“ながら見”の視聴者が増えたこと。「パソコンやスマホをメインで見ながら、テレビはチラチラ見る」という視聴者が増えました。それ以外の人でも、ザッピングしながら見る、本を読みがら見る、移動しながら見るなど“ながら見”の視聴者が多いため、テレビ局としては「チラチラ」から「注目」に変えさせる策が必要になります。

 その策の1つが声芸タレントであり、「変な声を耳にすると、条件反射的にテレビ画面を見てしまう」という視聴者が多いのです。このようなテレビ局の声による“ながら見”対策は、クセのある声のナレーターが増えたことからも分かりますし、特に最近は声に味のあるベテラン俳優がナレーションを務める番組も少なくありません。そう言えば、放送終了したばかりの朝ドラ『まれ』のナレーションも、女優の戸田恵子がちょっと変な声色で語り、賛否両論を巻き起こしていました。

 ただ、「変な声」というイメージは、必ずしもタレント本人のためになるとは言い切れません。声ばかりクローズアップされて話を聞いてもらえないため、その役割はあくまで番組のアクセント役に留まり主要メンバーになりにくい上に、女性タレントの場合「声を作って男性に媚びている」と反発を受けるリスクもあります。実際は媚びたいのではなく、「名前と顔を覚えてもらい、芸能界で生き残っていくための武器なのに、予想以上に嫌われてしまった」というケースも少なくないのです。

 ただでさえ「変な声」のタレントは番組の中で浮いてしまうことも多いので、視聴者に「この声はもしかして本物かも……」「作り声だったとしても面白いからいいや」と思わせられなければ、出演し続けるのは難しいでしょう。

 最後に、声芸タレントをもう1人。通販会社『ジャパネットたかた』の高田明元社長も、その声で視聴者の注目を集め、売上を伸ばした声芸タレントと言えます。たとえば、家事をしながらテレビを見ている主婦は、高田元社長の甲高い声を聞くと、「今日はどんな商品かな?」「面白そう!」とテレビに注目しています。実際、還暦を過ぎた私の両親が毎日楽しそうに番組を見ていました。今後、「テレビの視聴率を上げ、商品の売り上げを伸ばす」どんな声芸タレントが出てくるのか、期待したいと思います。

【木村隆志】
コラムニスト、テレビ・ドラマ解説者。テレビ、ドラマ、タレントを専門テーマに、メディア出演やコラム執筆を重ねるほか、取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーとしても活動。さらに、独自のコミュニケーション理論をベースにした人間関係コンサルタントとして、1万人超の対人相談に乗っている。著書に『トップ・インタビュアーの聴き技84』(TAC出版)など。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
視聴率最高記録は『第14回NHK紅白歌合戦』の81.4%
ハーフタレントは非常識OK 少々できれば好感度UPと放送作家
Mr.マリック ハンドパワー不発にスタジオは驚いたフリする

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP