ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米麺と激辛カレーが絶妙にあうチキン麺 小ライス投入は必須

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在発売中の週刊ポストでカラー16ページにわたるカレー特集を掲載した。その編集部があるのはカレーの聖地・神保町。名店ひしめく中、今回のカレー企画担当デスクYがコッソリ通うのが「パンチマハル」だ。
 
 アジア各国を旅したというマスターのこだわりが随所に見られるスープ状のカレーは、まるで点描派の絵画のごとくひとつひとつのスパイスが「立って」感じられる。
 
 特にオススメが『チキン麺』。ベトナムのフォーを思わせる米麺が激辛カレーと絶妙にマッチ。残ったカレーに小ライスを投入して一滴も残しません!

●パンチマハル
【住所】東京都千代田区神田神保町1-64-2野間ビル1F
【営業時間】月~金:11時半~14時半(ラストオーダー)。17時半~20時半(ラストオーダー)/土:11時半~14時半(ラストオーダー)(いずれも売り切れ次第終了)
【定休日】日・祝

撮影■岩本朗

※週刊ポスト2015年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
カレーマニア松尾貴史推薦 食べるラー油ヒントに誕生の逸品
毎日30種の樽生ビールが揃うお店 一律グラス480円が嬉しい
安部晋三首相 焼肉店ではおまかせメニューを頼み内臓は必須

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。