ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新福菜館の「中華そば」に「九条ネギ」をトッピングしないのは非常にもったいない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中華そばと九条ネギ
550円 / 100円

京都の美味しいラーメン屋として有名な『新福菜館』のラーメンは、濃いめのスープとコシの強い麺が特徴だ。東北地方でも定評のある『末廣ラーメン』も『新福菜館』を源流とした人気のラーメン屋となっている。

・京都の味を東京でも堪能できる時代
『新福菜館』は東京都港区の麻布十番にも店舗を展開しており、京都の味を東京でも堪能できる時代になった。しかし、多くの客が普通の中華そばを注文しており、そのような流れに対して「もったいない」との声も出ている。

・九条ネギ多めのトッピングを追加
もちろん『新福菜館』の中華そばは極めて完成度の高いラーメンだが、そこに「九条ネギ多め」のトッピングを追加することにより、旨味が引き締まって「エッジのきいたテイスト」と「後味が良い爽やかさ」が味わえるのである。

・九条ネギというスパイス
九条ネギは雑味がないため、ネギ単体だけを食べても苦味がなく、爽やかさだけが残る。食べるたびに九条ネギのエキスで味が若干薄まり、そのぶんスーッとした爽やかさが付加される。それと同時にシャキシャキとした食感が味わえるのも素晴らしい。食べれば食べるほど「九条ネギというスパイス」が食欲を増幅させる。

・九条ネギなしの中華そばはありえない
九条ネギのトッピングは100円だが、ここまで中華そばに新たな旨味をプラスできるのであれば、非常にコストパフォーマンスのよい存在といえるだろう。一度でも体験したら、九条ネギなしの中華そばはありえない。

ちなみに『新福菜館』の中華そばは、といた生卵に麺を浸してスキヤキのように食べると美味しい。いろいろと食べ方に工夫をすることで美味しさが倍増するので、自分なりに試してみると、新たな味に出会えるかもしれない。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/10/04/shinpukusaikan-negi/

新福菜館 お二階 隠れ 麻布十番店
住所: 東京都港区麻布十番1-2-5 2F
時間: 11:00~23:00 日11:00~17:00
休日: 無休
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13178200/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP