ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「鯖街道」知ってる?食欲の秋、若狭熊川宿を観光しよう【福井】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

古代より若狭の海産物が京の都へ運ばれ、その中にあったのが大量の鯖。

これが京都で大衆魚として重宝されたことから、小浜から若狭町、熊川、滋賀県の杤木を越え、大原八瀬から京都への道が「鯖街道」と呼ばれるようになったそう。

経由地として栄えた熊川宿は、江戸時代初期から中期にかけて特に発展。

200戸ほどの集落となり、今も100戸ほどがそのまま残ります。
この街道を歩き、鯖をはじめとした豊かな食文化に触れながら、当時の旅人へと思いを重ねてみる旅も楽しそうです。

若狭街道(鯖街道)若狭熊川宿

御食国・若狭から京への道中鯖と共に賑わった町を歩く

小浜から京への若狭街道の約1.1kmの両側に並ぶ平入と妻入の町家。今年、日本遺産第一号に認定された

Saba *Cafe

山の風を感じながら味わう鯖を使ったオリジナル料理

こだわりのフランスパンも人気のサバサンド(1080円)

サバサンドで使う具材をそのまま福井県産コシヒカリの上にのせたサバサンド丼(1080円)  

テラスでも食べられる

鯖を使った斬新なカフェメニューが子供から年配の人にまで人気。サバサンドはフランスパンに鯖フィレを挟み、若狭特産の柑なんば(調味料)を使った特製マヨネーズが味の決め手だ。

Saba *Cafe(サバ カフェ)
TEL/0770-62-9048
住所/福井県三方上中郡若狭町熊川12-16-2
営業時間/11時~17時(LO16時30分)
定休日/水、他不定
「Saba *Cafe」の詳細はこちら

葛と鯖寿しの店 まる志ん

食材にとことんこだわった鯖料理と葛菓子がずらり

【鯖寿し 一本2700円~】すし飯は福井県産コシヒカリ

【焼き鯖寿し 一本2800円~】焼き鯖とすし飯の間に生姜を挟み味のアクセントに 【葛もち 540円】できたての粘りが特徴の葛もち。黒蜜ときな粉をまぶして

【葛きり 756円】本葛ならではの歯ごたえの葛きり。黒みつをたっぷりかけて

築170年以上の熊川宿の代表的な建物

葛菓子と鯖料理の2枚看板。注文が入ってから葛粉から作るという出来立ての葛菓子は、粘りも風味も格別。鯖寿しに使う鯖も国産の生鯖のみ。自家焼きした焼き鯖寿しも香ばしく味わい深い。土産物として購入もできるのが嬉しい。

葛と鯖寿しの店 まる志ん
TEL/0770-62-0221
住所/福井県三方上中郡若狭町熊川39-11-1
営業時間/9時~17時(LO16時30分)
定休日/不定
料金/鯖寿し御膳1404円
「葛と鯖寿しの店 まる志ん」の詳細はこちら

イベントもチェック!

熊川いっぷく時代村

和太鼓、ちんどん屋、射的や昔遊びなど盛りだくさん

●10月4日(日)
地域住民が来場者と交流するイベント。ブリキの金魚レースやニジマスつかみ取りなど家族で楽しめるイベントの他、熊川名物「長操鍋」も味わえる。

熊川いっぷく時代村
TEL/0770-62-0135(熊川地区公民館)
「熊川いっぷく時代村」の詳細はこちら

※この記事は2015年9月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

しっとり肌とハリをゲット!硫酸塩泉の温泉6選【東海】
【関西・中四国】海と夕景と清流と…感動必至の絶景コスモス畑5選
熊本の路地裏さんぽ♪アーケード周辺の個性派ショップを巡ろう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP